ハイパーコンバージドインフラ「HPE SimpliVity 380」

新世代のハイパーコンバージドシステム「HPE SimpliVity 380 Gen10」は、世界で最も売れている「HPE ProLiant DL380 Gen10サーバー」に、先進のソフトウェアデファインドストレージを統合。複雑なIT環境をシンプル&コンパクトに統合し、これまでにないシンプルで扱いやすい仮想化基盤を実現します。世界中で現在最も注目されているHCI製品です。ディーアイエスソリューションでは、評価導入から運用までワンストップでお客様を支援いたします。


【目次】

  1. 課題と対策
  2. 製品特長
  3. 導入事例
  4. 価格(キャンペーン情報
  5. 資料ダウンロード

1.課題と対策

ケース1:ビジネスIT基盤の課題

ケース2:企業が抱えるバックアップの課題

2.製品特長

驚異的に優秀なストレージ

ストレージ処理専用CPUを搭載したアクセラレーターカードによる重複排除・圧縮
  • 独自開発のハードウェアアクセラレーター
  • 秒速で圧縮+重複排除を実行(平均60%~70%削減)
  • バックアップ時の保存とリストア時の複合を「全自動」で実行
ノード障害からの保護(RAIN)
  • すべてのデータは、分散ストレージ技術によって、別のサーバーにもレプリカがミラーリングされているため、データが消失したり I/O が停止することはありません
  • DRS に対応した 「データローカリティー」 機能も搭載
ディスク障害からの保護(RAID)
  • ハードウェア RAID によって保護されます
  • 障害発生~ディスク交換~リビルド完了に至るまで、全てハードウェア RAID コントローラーが対応・収束します
  • CPU やネットワーク、他ノードへ悪影響は一切及ぼしません
※ESXiハイパーバイザー領域も別途RAID1で耐障害性を向上しています

徹底的にユーザ目線

本格的なバックアップソフトウェアを標準搭載
(vCenter Server 統合でシンプルな操作を実現)

市販ツールを凌ぐ本格的なバックアップ機能
  • 重複排除、圧縮、ゼロ検出、暗号化、 ・差分転送型フルバックアップ、など
  • RPO:10 分 (スケジューリング実行の場合)
  • RTO:60 秒 / TB
  • 日時 / 週時等の本格的なスケジューリング
  • アプリ静止点確保 (VSS)、CLI スクリプティング
VM セントリック
  • 仮想マシンを右クリックして操作を選ぶだけ
  • ストレージや LUN を意識せずすべて 「仮想マシン単位」 で管理
  • ファイル単位リストアにも対応

【動画デモ】HPE SimpliVityのバックアップ

ローカルバックアップ編

約500GBのディスクを持った仮想マシンの丸ごとバックアップを実施します。1秒で完了します。

リモートバックアップ編

約500GBのディスクを持った仮想マシンを、約9,000Km離れたリモートサイトへバックアップを実施します。1秒でバックアップが完了します。

HPE SimpliVity 秒速バックアップの仕組み

HPE SimpliVityがなぜ、秒速でバックアップが可能なのかを説明します。ストレージとしてデータを保存する所から、秒速バックアップに適した形で保存を行っています。

すべての運用管理は VMware vCenter 純正ツールから

SimpliVity を一元管理
  • SDS ストレージ管理
  • 性能監視
  • バックアップ
  • BCP/DR コントロールなど
VM セントリック
  • すべての管理操作単位はユーザー目線の「仮想マシン」
  • vCenter Plugin 実装
  • VMware 社のサポートを考慮

【動画デモ】HPE SimpliVity リストア

リストア編

約500GBのディスクを持った仮想マシンを保存したバックアップデータから丸ごとリカバリします。1秒でリカバリーが完了します。

リアルタイムに「監視」「通報」も vCenter に統合

ストレージパフォーマンス監視
障害アラートも vCenter に統合

究極にシンプルなITインフラ

最小構成 2ノード vSphere Essentials Plus も OK

HPE SimpliVity は小規模環境や拠点利用・バックアップ用途などでも導入しやすいよう2 ノード構成から始めることが可能です。
2ノード構成ではクロスケーブルを用いることで
10G スイッチも必要ありません。
CPU や RAM が不足状態の場合、
汎用サーバを「HCI コンピュートノード」
として増設可能です
  • SimpliVity のほぼ全ての機能を利用可能
  • ディスクレスで OK
  • 特別な HCI ライセンス不要
  • HPE 製サーバーでなくてもOK

HPE SimpliVity – Rapid DR

Rapid DRはプライマリサイトからセカンダリサイトに仮想マシンをフェイルオーバーするDRオーケストレーションツールです。DRシナリオを事前に作成しておくことで複雑さを削減、手動作業によるミスのリスクを排除します。

  • BCP/DR ワークフローの生成
    • 起動順序やグルーピングの計画
    • シミュレーション、テスト実行
  • 災害時の管理者操作を自動化
    • 適切な順序での仮想マシン起動
    • IPアドレスの書き換え
    • 復旧後のフェイルバック
  • シンプルな操作
    • SimpliVity のために一から開発
    • SimpliVity のストレージ機能と連携

3.導入事例

某製造業サーバーリプレイス事例


5.資料ダウンロード

HPE SimpliVity カタログ

本Webページの内容を6ページにギュッとおまとめ!
印刷してじっくり検討されたい方はご利用ください。

漫画で理解するHPE-SimpliVityあなたはどのタイプ?
・小規模で始められる仮想環境が欲しい
・仮想環境を入れたいけど管理者が少ない
・データ保護をしっかりできる仮想環境はないの?

資料ダウンロードには会員登録が必要です。

1.会員登録がまだの方はこちらをクリックいただき、画面の指示に従い、会員登録を致します。既に会員になっている方はこのページからログインください。

2.ログイン後、ご入り用の資料をダウンロードください。

3.リストにない資料でもお問い合わせいただけましたらご提供できる場合もございます。お気軽にこちらからお申し付け下さい。

※本事例集に掲載されている個人情報を含む全ての情報は弊社が提供するソリューションの採用検討及びその情報収集に用途を限定しています。それ以外の用途で使用することを禁止しています。


関連サービス

HPE SimpliVity「無償リプレース支援」サービス


柴山裕之(HPEハイパーコンバージド担当)
こんにちは。ディーアイエスソリューションの柴山 裕之です。いよいよ迫ってきた2020年1月14日の「Windows Server2008/R2サポート終了」の移行基盤として今注目を浴びているのが次世代統合型インフラ、ハイパーコンバージド製品(HCI)です。シンプルな構成ですが、圧倒的な可用性とデータ削減、次世代バックアップ、リストアを実現するソリューションをお客様環境に合わせてご提案させて頂きます。サーバ環境リプレースなどご検討の皆様、ぜひ当社までご相談下さい。


お問い合わせ

HPE SimpliVityに関しましては、下記お問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。

セキュリティコード:
security code
セキュリティコードを入力してください:

送信

更新情報

RSS Microsoft公式blog

RSS Cisco公式blog

ログインステータス

ページ上部へ戻る