Webサイト・Webアプリケーション脆弱性診断サービス

診断サービスの特徴

全項目手診断による高精度診断

  • 抜き取り検査の場合は、脆弱性の出やすい箇所を重点的に検査
  • 多数の診断経験に基づく、重要個所の把握
  • 全項目検査の場合は、全画面・全パラメータの診断を手動にて実施

わかりやすく詳細な診断レポート・報告会

  • 影響度を中心としたエグゼクティブサマリ
  • 実被害を想定した危険度の判定
  • 再現方法、対策方法を中心とした詳細レポート(脆弱性種別ごと)

ソースコード検査、設計レビューなどにも対応可能

  • 長年の開発経験により、設計レビュー、コードレビュー(ソース検査) にも対応いたします。

診断サービスの流れ

secu002
  • 診断前準備
    • 診断環境準備
    • 診断用アカウントの準備
  • アプリケーション仕様把握
  • 画面構成の把握
  • 診断箇所の決定(全画面・全項目の場合は省略)
  • 画面一覧表の作成
  • 診断作業
  • 報告書作成
  • 報告会
  • 診断後の後始末

診断サービスの構成


Print Friendly, PDF & Email
1 2

3

4

更新情報

ログインステータス

Return Top