iOS・Android・Windows・macOS 対応クラウドMDM「LANSCOPE クラウド版」

5.「LANSCOPE クラウド版」機能一覧・料金プラン・インストール方法・サポート体制

機能一覧

カテゴリ機能名補足iOSAndroidWindowsmacOS
資産管理デバイス情報取得電話番号やOSなど最大56項目を取得、任意項目管理。
資産管理デバイス情報の台帳化・編集取得したデバイス情報を一覧で表示、管理画面上で編集。
資産管理デバイス情報の検索確認したいデバイス情報の検索。
資産管理インストールアプリ情報取得インストールされているアプリの情報を自動取得、確認。
資産管理アプリ配信無償アプリ・自社開発アプリをデバイスに配信。○ ※1
資産管理メッセージ・アンケート配信メッセージやアンケートをデバイスに配信、効率的に情報共有。
資産管理リース期限管理リースの有効期限を設定し、期限が切れる前に検知。
資産管理OSバージョン管理OSバージョンが指定した範囲外の場合に検知。
資産管理BitLocker 回復キー取得回復キー48桁の情報を自動収集。
セキュリティ対策リモートロック・ワイプ※2遠隔で画面ロックやデータの初期化。
セキュリティ対策パスワードポリシーパスワードの桁数や英数字使用などルール適用。
セキュリティ対策アプリインストール禁止Google PlayやApp Storeの利用禁止。○ ※3
セキュリティ対策アプリ利用禁止特定のアプリの利用禁止。○ ※3
セキュリティ対策不許可アプリ設定特定のアプリがインストールされていた場合に検知。
セキュリティ対策Jailbreak・Root化検知Jailbreak・Root化されたデバイス検知。
セキュリティ対策SDカード抜き差し検知SDカードの抜き差し検知。
セキュリティ対策SIMカード抜き差し検知SIMカードの抜き差し検知。
セキュリティ対策マルチユーザー制御ユーザーアカウントの複数作成や切り替えを制御できます。
セキュリティ対策資産アラート設定資産管理(デバイス情報)に関するアラート設定。
位置情報管理※4最新位置情報取得位置情報を自動取得、複数の情報をまとめて表示。○※5
位置情報管理※4移動履歴管理位置情報を定期的に自動取得、異動履歴を地図上で表示。○※5
操作ログデバイス利用ログ取得デバイスの実際の利用時間(画面ロック解除時間)を取得できます。
操作ログアプリ利用ログ取得アプリの利用情報(日時・アプリ名・稼働時間)取得。
操作ログ発着信・不在着信ログ取得電話の発着信情報(日時・発信先・発信元・通話時間)取得。○※6
レポート未稼働状況レポート未稼働の日数毎に自動分類、レポート表示。
レポートデバイス活用レポートデバイスが実際に操作されていた時間を集計レポート表示。
レポート電話活用レポート電話利用に関するレポート表示。
レポートアプリ活用レポートアプリ利用に関するレポート表示。
レポートセキュリティレポートセキュリティに関するレポート表示。
レシピトリガー・アクションリモートロックやメッセージ配信などの自動実行条件設定。
その他管理アカウントの権限分散管理アカウント複数作成、アカウント毎に権限設定。
Apple社プログラム対応構成プロファイル管理構成プロファイル作成、デバイスに遠隔配信。※7
Apple社プログラム対応構成プロファイル情報取得インストールされている構成プロファイル情報を自動取得。
Apple社プログラム対応VPP対応※8App Storeで提供されている無償・有償アプリを一括配信。
Apple社プログラム対応DEP対応iOSデバイスを自動的にMDMサービス管理下に配置。
Apple社プログラム対応紛失モードメッセージを表示した強制ロック実行、位置情報を強制取得。
Android Enterprise対応 ※6アプリ管理管理者がホワイト・ブラックリスト方式で利用アプリを制御。
Android Enterprise対応 ※9デバイス利用制限カメラや外部メディアの利用など、デバイスの利用制限。

※1 Android Enterprise を利用する必要があります。
※2 OSによって仕様が異なります。またWindows8.1,10 HOMEは未対応です。
※3 デバイスを監視モードに設定する必要があります。
※4 位置情報の精度はデバイスの取得精度に依存します。
※5 Windows 7 デバイスは未対応です。Windows8.1 以降のデバイスが対象です。
※6 iOS は発信先・発信元は取得できません。
※7 Apple Configurator 2 で作成できるプロファイルの内容と違いがあります。
※8 オプション機能です。
※9 Android6.0以降のデバイスが対象です。


料金プラン

年額プラン:ランニング費用を抑えたいお客様(2年目以降は基本機能を月額100円/台で利用できます)
種別プラン定価備考
必須LANSCOPE クラウド版 登録ライセンス(1年目のみ)6,800円/台
必須LANSCOPE クラウド版 年間ライセンス1,200円/台
オプションLANSCOPE クラウド版 マップ年間ライセンス8,400円/社macOS のみ管理する場合、申し込みは不要です。
オプション24/365 紛失サポート_ロック/ワイプ(いずれかを選択)1,800円/台
オプションLANSCOPE クラウド版 VPP 年間ライセンス1,200円/台iOS 専用のオプションです。

月額プラン:イニシャル費用を抑えたいお客様(年一括のお支払も可能・販売代理店様経由のみのお申し込み、最低利用期間は6ヶ月です)
種別プラン定価備考
必須LANSCOPE クラウド版 初期費用(初回お申し込み時のみ)30,000円/社
必須LANSCOPE クラウド版 月額ライセンス300円/台
オプション24/365 紛失サポート_ロック/ワイプ(いずれかを選択)150円/台
オプションLANSCOPE クラウド版 VPP 月額ライセンス100円/台iOS 専用のオプションです。

「LANSCOPE クラウド版」 クライアントのインストール方法

お客様の用途によって、「LANSCOPE クラウド版」クライアントのインストール方法を選択できます。

デバイスごとに個別のURLを利用する

事前に登録したデバイス情報(グループや使用者名などAnで自動収集できない項目)が、LANSCOPE クラウド版 クライアントインストール後にひも付くため、後から編集する工数を削減できます。

メールアドレスを登録しURLをデバイスに通知する

会社(組織)共通のURLを利用する

共通のURLを利用してすべてのデバイスにLANSCOPE クラウド版クライアントをインストールします。管理者様がまとめてキッティングする場合やURLをデバイスのメールアドレス宛に通知できない場合に利用します。

QR コードから全てのデバイスにインストール可能

共通の URL を利用する場合、QR コードを読み取るだけで、作業を始められます。

キッティング時は、管理コンソールを開いて、QR コードを読み取ります!インストール用URLをブラウザに入力する必要はありません。
利用者にインストールしてもらう場合は、QR コードのキャプチャを貼り付けて、マニュアルとして展開するなどします。QR コードを読み取って、タップ操作のみでインストールできるため、作業は簡単です。

サポート体制

「LanScope クラウド版」を 100% 活用していただくためのサポート体制を整えております。

 ヘルプデスクサービス
「LANSCOPE クラウド版」 の操作方法・不明点やトラブル・運用などに関するご質問にお答え致します。メールだけでなく、お電話でも受け付けております。
  ユーザー様向け専用ページ
初期設定や運用時にご利用いただける「操作マニュアル」、操作や運用に困った際に簡単に確認いただける FAQ など管理者様向けのコンテンツを多数掲載しています。

  トレーニングセミナー
「LANSCOPE クラウド版」 の導入から運用までのカリキュラムをハンズオン(実機操作)形式で学ぶセミナーです。
 オンライントレーニングセミナー(NEW)
いつでも何度でも、好きな時に受講できるオンライン形式のトレーニングセミナーです。管理コンソールでの手順説明や具体的な解説、運用例をご紹介しています。


お問い合わせ

「LANSCOPE クラウド版版(旧LanScope An)」に関しましては下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

送信
Print Friendly, PDF & Email
1 2 3 4

5

更新情報

ログインステータス

Return Top