RPA(定型業務の自動化)

RPAによる課題解決

従来のシステム開発では異なるアプリケーションを連携させる場合、該当のアプリケーションのAPI(Application Programming Interface)を公開してもらうか、新たにアプリケーションを開発する必要がありました。また、アプリケーションのバージョンアップ時には連携プログラムの修正や確認作業が発生します。さらに、業務プロセスの見直しが発生したり、現場への操作指導にも時間がかかります。RPAは人の手で行うPCの操作をロボットが代行するため、既存のアプリケーションに手を加える必要はありません。業務手順も変える必要はありません。

業務自動化による効果

RPAの適用分野

RPAの活用シーン

社内業務からアウトソーシング、システム間のデータ連携まで
あらゆるシーンで活用できます!

Print Friendly, PDF & Email
1

2

3

更新情報

ログインステータス

Return Top