RPA(定型業務の自動化)

企業が抱える課題:本質的な業務の「時間創出」と「生産性向上」

働き方改革を進めるにあたって主たる目的は「生産性の向上」と「長時間労働の是正」です。現場ではこれまでより少ない時間のなかで、業務をこなし、尚且つ成長も求められます。ICTの活用により売上に直結したり、付加価値の高い本質的な業務の「時間創出」と「生産性向上」が必要です。そのためには本質的でない業務に投下する時間を削減する方策が必要です。


定型業務の自動化:RPA「有償2か月間お試しパック」はコチラ


RPAで実現できること

RPA (Robotic Process Automation)とはソフトウェアによるロボットがPC上での操作を代行し、ホワイトカラーの業務を効率化・自動化する仕組みのこと。仮想知的労働者(Digital Labor)とも呼ばれています。複数のアプリケーションを跨いで操作したり、表示した画面の内容を元に入力する作業など、PC上で人が行う作業をロボットが記憶することで、定型的な業務を自動化することが可能になります。また、一定のルールを記憶させることで基準に基づいた判断作業も実現可能です。

ヒトは定型業務から解放され、付加価値の高い業務に集中できる

RPAが得意とする業務

詳しい説明は下記コラムをご確認ください。

RPAのシナリオ作成例のご紹介

RPAをどのような業務に適用すれば良いのかをお伝えするために、当社の技術担当が実際にシナリオを作成した内容についてご紹介します。

Print Friendly, PDF & Email
Pages:

1

2 3

更新情報

ログインステータス

Return Top