Enterprise Mobility + Security

Print Friendly, PDF & Email
これまでOffice365やG-Suite向けのセキュリティ対策は、複数のサービスの組み合わせにより実現するのが一般的でしたが、運用上の問題が数多くありました。これらを根本的に解決するのがこのマイクロソフトのEMSです。

Enterprise Mobility + Security (EMS) とは

簡単に言えば、クラウドを安心・安全に使うための包括的なセキュリティ対策のことです。
マイクロソフトのサービスなので、Office365サービスとの親和性が高く、管理が容易である点が特徴です。

Office 365 の活用におけるユーザーと管理者のニーズは?

EMSはOffice365の導入に際して、利用者側のニーズと管理者側のニーズ両方を容易に解決することができます。

EMSが提供する3つの主要なサービス

Office365を検討する際、必要な対策として必ず挙がるのが以下の3つの機能(サービス)となります。
①クラウド認証基盤、②デバイス管理、③ファイルの保護 です。

Enterprise Mobility + Security (EMS) の全体イメージ

場所は社内か社外か、どんなデバイスから、どんな認証方法で、どのアプリケーションを利用するか
という条件付けを容易に実現可能です。

①クラウド時代の安全な認証基盤(Azure AD)

クラウド認証基盤をAzure AD Premium に統合することで、ユーザ単位・アプリケーション単位で、さまざまな条件付きアクセス、シングルサインオンが実現できます!

②統合デバイス管理(Intune)

マイクロソフトならでは特徴として、Office系アプリとの親和性の高さが挙げられます。
管理対象としたアプリとその他アプリ間でのデータの受け渡し (コピー/切り取り/貼り付け/保存などの操作)を容易にコントロールできます。

③企業のデータ保護(AIP)

Azure Information Protectionは 従来のZIP暗号化ではないセキュアなデータ保護を実現します。
※AIPはEMS E3に含まれる機能であり利用しなければ損です!

Enterprise Mobility + Security (EMS)のライセンス

Office365にEMSをプラスすれば、生産性と安全性を同時に向上できます!!

EMS導入支援サービス

※詳細なご説明や費用等につきましては、

Office365 “活用”支援サービス-3

のページをご覧ください。


関連サービス

■Microsoft Azure導入サービス
システム要件・用途に応じてオンプレミスサーバをAzure仮想基盤に移行、ADドメイン環境とAzureADを連携させ、シングルサインオンも実現します。

■Microsoft Azure運用監視サービス
ディーアイエスソリューションでは、Azure導入サービスを提供致しております。経験豊富な技術者が高品質な導入サービス、運営支援を行います。

■Microsoft Azure Cognitive Service
マイクロソフトが提供するAzureの人工知能APIです。
現在23の人工知能パーツが提供されており、これらを貴社のアプリケーションやサービスに容易に組み込むことが可能です。


<問い合わせ先>

ネットワークソリューション1課 マイクロソフトクラウド担当

TEL:03-6429-6071  MAIL:ms-cloud@pc-daiwabo.co.jp
10:00~17:00(当社指定休日除く)

Security Code:
security code
Please enter the security code:

送信

最新事例

  1. ヤマハ発動機グループにおいて半導体製造装置事業を統括するヤマハモーターロボティクスホールデ…
  2. 基幹業務クラウドシステム・業務ソフトウェアの開発・販売を手掛けるピー・シー・エー株式会社で…
  3. 認証・セキュリティ事業を手掛けるサイバートラスト株式会社では「Cisco ISE」と「サイバートラ…
  4. 「誰からも愛される、おいしいスイーツを生み出す」をモットーに日々新商品の開発をされている 株式会社…
  5. 業務用iOS端末の活用状況可視化とセキュリティ向上のために、弊社はCisco Security C…

コラム

ログインステータス

Return Top