Windows Virtual Desktop (WVD)

働き方改革や災害対策、そして新型コロナウィルス対策のためのリモートワーク等「DaaS(デスクトップ仮想化)」へのニーズが拡大する中、いま最も注目を集めているのがMicrosoft Azureが提供する「Windows Virtual Desktop(WVD)」です。


目次

マイクロソフト「Windows Virtual Desktop (WVD)」のご紹介
  1. Windows Virtual Desktop(WVD)3つの特長
  2. WVDは従来型デスクトップ仮想化と何が違う?
  3. 「オンプレミスVDI」と「WVD」の構造の違い
  4. WVDに必要なライセンス
  5. 「FSLogix」による高速なユーザープロファイル管理
  6. 利用者からの見え方
  7. WVD導入支援サービス
  8. WVD保守運用サービス
  9. 概算(参考価格)イメージ


1.Windows Virtual Desktop(WVD)3つの特長

特長①
WVDはAzureで提供されるデスクトップおよびアプリケーションの仮想化サービスです。

WVDはMicrosoft Azureの仮想サーバで提供するVDIサービス(Desktop as a Service)です。Windows 10 E3などの対象ライセンスをお持ちあればマルチデバイス環境でご利用いただけます。

特長②
パブリッククラウドで唯一「Windows 10 マルチセッション」が使えます。

WVDを使用すればデバイスの種類 (Windows、Mac、iOS、Android、HTML5 Web クライアントを搭載したその他のデバイス)に関係なく、物理PCに近しい操作感でリモート接続を実現できます。
また、Windows 10 のマルチセッションを使用すると1台の仮想サーバリソースで複数ユーザへVDIを提供する事ができ、大きなコストメリットが生まれます。

WVD のみに許されたOS「Windows 10 マルチセッション」

SBC (Server Based Computing) を置換

  • Semi-Annual Chanel (SAC) での動作
  • 優れたアプリケーションの互換性
  • Office 365 ProPlus に最適化

特長③
必要なリソースを必要な分だけ“柔軟かつ迅速“に展開できます。

WVDは他社サービス比較でVDIを安価に利用できます。
サポート対象のライセンスがあればWVD管理機能全般の利用が可能であり、使った分だけ従量課金されます。
Azure IaaSが提供する拡張性/柔軟性/俊敏性はオンプレミスVDIでは実現が難しい、WVDの大きなメリットです。


2.WVDは従来型デスクトップ仮想化と何が違う?

デスクトップ仮想化には主に「VDI方式」と「SBC方式」の2つがあります。
「VDI方式」の場合、1人1台専用のVDIを割り当てるため費用が高くなる一方、クライアントOSで提供出来るためアプリの互換性が高くなる特徴があります。
一方、「SBC方式」はサーバ集約型のため費用は低く抑えられますが、サーバOSを使用するためアプリの互換性はどうしても低くなります。

WVDは集約型ではあるものの、クライアントOSの「マルチユーザー型のWindows10 OS」が使えるため、費用を抑えられ且つアプリの互換性も高いというメリットがあります。

2種類の「デスクトップ仮想化方式」と「Windows Virtual Desktop(WVD)」の比較

仮想化方式集約率コストOSアプリ互換性
VDI
(Virtual Desktop Infrastructure)
Client OS
SBC
(Server Based Computing)
Server OS
仮想化方式集約率コストOSアプリ互換性
WVD
(Windows Virtual Desktop)

Client OS
  • VDIとSBCのそれぞれのメリットを使えるのはAzureのWVDだけ!
  • 画像や動画の修正など高パフォーマンスを求めるときは1対1の構築も可能
Print Friendly, PDF & Email

Pages: 1 2 3

ログインステータス

Return Top