Microsoft Azure運用監視サービス

ITシステムがあらゆる業務を支える今日、システムダウンは巨額の損失が発生するだけでなく、これまでに築き上げてきた『信用』をも失う恐れがあります。ハードウェア障害が最小化されるクラウドにおいても、常にシステムの稼働情報を収集・監視し非常時に備えることが必要です。しかし非常時の為に一定の対応品質と人員を24時間365日確保できるのでしょうか。そんな課題を当社が解決致します。


Microsoft Azure運用監視サービスの実施イメージ

 

⇒監視対応専門のセンターで対応
⇒受付システム、端末、要員すべてを多重化(年間稼働率99.9%)
⇒発生したアラートの対応情報を共有(ポータルサイト提供)
⇒ポータルサイトから稼働状況報告書の確認が可能
⇒電話連絡フロー、連絡優先度、結果通知メールを自由に設定可能


ご提供サービスの内容

①死活アラートの受信(監視項目500件迄)
②受信したアラートの内容確認(リモート接続での確認※インターネットVPN接続)
③アラートに応じた関係者への電話連絡(15件/月)
⇒メーカ、対応者への連絡
⇒連絡フローは対象システムに応じて複数設定可能
⇒連絡後の同報メール連絡
④定型ポータルサイトによる対応状況の報告
⑤IaaS(仮想サーバ)の再起動※事前に作成した手順での実施
⑥サービス再起動   ※事前に作成した手順での実施

※対応時間はすべて24時間365日


実施までのスケジュール概要


ご参考価格

Azure上の仮想サーバ運用監視サービス費用(15件/月対応、500監視項目)

1)初期費用(監視・連絡フロー確定、登録、接続確認) 450,000円(税別)
2)月額費用                     324,000円(税別)
<内容・ご注意点>
①監視対象はインスタンスに関係なく監視項目500迄となります。
②ひと月での関係者連絡、アラート対応、運用作業実施が15件とした費用になります。
③運用作業は、手順書に沿った【仮想サーバの再起動】【指定サービス】の再起動となります。
④運用作業の手順書ボリュームはA4枚、処理Box20程度。1作業15分以内となります。
⑤監視装置・監視ツールとして、Azure上にZabbixを構築します。
Zabbixに必要な仮想マシンサイズ及び費用は別途ご提案させて頂きます。


関連サービスのページへ

Microsoft Azure導入サービス

 


お問い合わせ

以下のお問い合わせフォームからお申し付けいただくか、以下宛にご連絡ください。

ディーアイエスソリューション株式会社
TEL:03-6429-6063 FAX:03-6429-6066
Mail:dsol@si-jirei.jp

送信

 

各カテゴリへ

事例集

  1. 今回は日本のネットワーク市場、とりわけ流通小売企業を中心とした多店舗展開をされている企業から注目をう…
  2. NEC PBXとCiscoコミュニケーションツールの連携事例【某製造業事例】を公開しました。 …
  3. Dr.Web事例を公開しました。  Dr.Web事例「不動産会社」 セキュア・タブレットPC閉…
  4. 株式会社アバントは、「連結会計システムのディーバ」で有名な株式会社ディーバをはじめとする事業ブランド…
  5.  今回はディーアイエスソリューションが注力しているシスコセキュリティソリューションについて、シスコシ…

コラム

ログインステータス

ログインしていません。

最新事例

  1. 今回は日本のネットワーク市場、とりわけ流通小売企業を中心とした多店舗展開をされている企業から注目をう…
  2. NEC PBXとCiscoコミュニケーションツールの連携事例【某製造業事例】を公開しました。 …
  3. Dr.Web事例を公開しました。  Dr.Web事例「不動産会社」 セキュア・タブレットPC閉…
ページ上部へ戻る