Cisco Meraki SD-WAN・AutoVPN・vMX~クラウド時代の悩みを解決~

~クラウド時代の悩みを解決~Cisco Meraki でできること

複数拠点間を接続し、Azure/AWSなどのパブリッククラウドをご利用のお客様に共通のお悩みは下記の3つのケースが多いです。

  1. ハブ拠点でのトラフィック増加による通信速度低下
  2. ネットワーク担当SEが居ないとサイトVPNの設定ができない
  3. パブリッククラウドのために物理アプライアンスを設置・管理するのが面倒

Cisco Meraki (Virtual)MXを使えば、これらの問題を解決できます。


1.ハブ拠点でのトラフィック増加による通信速度低下

クラウドサービスを利用するユーザーの増加、AzureなどIaaSの利用機会増加により、トラフィックは増え続けインターネット速度が低下する可能性が高まります。特にハブ拠点でのトラフィックの増加がボトルネックになり社内全体の通信速度の低下を招いてしまいます。

ハブ拠点へのトラフィック集中による通信遅延問題を負荷分散により解決するのがCisco MerakiセキュリティアプライアンスによるSD-WANです。

Meraki SD-WAN(メッシュVPN&インターネットダイレクトアクセス)で通信速度向上!

  • UTM搭載のセキュリティアプライアンス
  • Azure対応バーチャルアプライアンス

→セキュリティを担保しつつ、通信速度を向上させます。

これまでボトルネックとなっていたハブ拠点を通らず、拠点からインターネットやクラウドサービスに直接アクセスを実現!UTM搭載でセキュリティも確保!

Print Friendly, PDF & Email
Pages:

1

2 3 4 5

更新情報

ログインステータス

Return Top