Cisco SD-WAN

Print Friendly, PDF & Email

今日のWANが抱える問題点

一般的に異なる地点間を結ぶネットワークはWide Area Network(WAN)と呼ばれます。例えば企業の拠点間や学校のキャンパス間を結ぶネットワークはWANということになります。当初WANは専用線やフレームリレーで構築されるのが一般的でしたが、それらは徐々にMPLS-VPNや広域イーサーネットサービスなどに置き換えられていきました。
当初はさほど大きな問題はなかったWANですが、ネットワークがビジネス上不可欠なツールとなり、拠点数が増加してくると、拠点開設にかかる時間がビジネスが求める俊敏性に応えられなくなってきました。また、グローバル化に伴い、拠点は国内だけはなく海外にも展開されるようになり、回線費用や回線品質などが問題になってきました。広帯域を必要とするアプリケーション(ビデオなど)を使うニーズも増えてきましたが、狭帯域な従来のWANでそれを実行するのは非現実的でした。

クラウドとSaaSがネットワークを変える?

そこに追い打ちをかけたのがパブリッククラウドやSaaSの台頭です(マルチクラウド時代の到来)。これらのサービスは全てインターネット上にありますが、WANからインターネットへ抜ける道は通常はデータセンターや本社など、一箇所に絞られていることが多いため、パブリッククラウドやSaaS向きのトラフィックでデータセンタのインターネット回線が輻輳してしまったり、プロキシの性能が足らずにアプリケーションが思ったように動作しない、などといった問題が多くなってきました。今後もこのようなクラウドベースのアプリケーションと、それを利用する企業は増加し続けると考えられます。

マルチクラウド時代のWAN= SD-WAN

これらの課題を解決するために生まれてきたのがSD-WAN(Software Defined WAN)という技術です。回線コストの削減と広帯域化を図るために、従来のMPLS回線に加えインターネットを活用します。ただし、帯域保証のないインターネットだけでは今日のビジネス要件に応えることはできないので、複数の回線の品質をモニターしながらSLAを満たす回線のみを使えるような機能が提供されています。
また、特定のアプリケーションのトラフィックだけ拠点から直接インターネットに抜けるようにして、高額なMPLS回線の使用を抑え、クラウドやSaaSアプリケーションに最適化されたネットワークを提供することができるので、まさに「クラウド時代のWAN」ということができます。

マルチクラウド時代は「ガバナンスを効かせつつ柔軟にWANの最適化ができるソリューション=SD-WAN」が必要

Cisco SD-WANの優位性

1.SD-WANの基本要件・拡張要件をフルで満たす業界の新スタンダード WAN回線の利用率最大化とコストダウン(マルチクラウド・ハイブリッドWAN)

集中・統合管理を可能とするダッシュボード機能 多様な回線のサポートとゼロタッチプロビジョニング アプリケーション識別・回線品質に基づく動的かつセキュアなトラフィック制御、柔軟なトポロジー制御とセグメンテーション クラウドサービス(IaaS/SaaS)への適応

2.数百拠点・数千拠点規模の実ネットワークへの豊富な導入実績

集中管理はクラウド/オンプレいずれでも可能:業種を問わない適用領域の広さ 製造業、流通・サービス業に加え、金融業や政府関係での実績も多数(高セキュリティ)

3.SD-WANに最適化された拡張性の高いルーティング・セキュリティ技術

完璧に暗号化されたフルメッシュでセキュアなオーバーレイNW(VPN)を瞬時に構築可能 必要な設計項目は基本接続要件と簡単なポリシー制御のみ(展開期間・工数の大幅削減)

4.Cisco ISR/DNAとの統合プラン

今後のCisco DNAソリューションのメイン・ストリームになることが予定されています

Cisco SD-WAN ソリューションの構成要素

Cisco SD-WANは『コントローラ』と『vEdgeルータ』で構成されます

コントローラの提供方法は下記の2種類に大別

・Ciscoのクラウドにホストする(約8割のユーザーがCiscoのクラウドを利用)
・お客様オンプレ環境に展開

Cisco SD-WAN 対応プラットフォーム

Cisco SD-WANに対応/対応予定の機器は増えていく予定です。

Cisco SD-WANで実現できる『WANの最適化』

WAN回線の有効利用:全てのWAN回線を無駄なくアクティブに利用

・閉域網もインターネットも、セキュアに利用可能
・重み付け、使い分け、正副の指定など自由自在 アプリケーションごと、回線品質状況ごとに優先パスを指定
・vEdge がパスの死活と通信品質 (遅延、パケロス、ジッタ) を常時モニタリング
・DPIエンジンが、約3000種類のアプリケーションを識別

インターネットブレークアウト

各拠点から直接インターネットにアクセス(DIA)

  • WAN帯域の有効活用
  • パブリッククラウド利用時の回線逼迫対策(例:Office365 Window Update)

Cloud OnRamp for SaaS

  • 各拠点からの『最適な』出口(ブレークアウトポイント)を自動選択
  •   拠点から直接ブレークアウトするか中継拠点経由か
  •   中継拠点A、Bのいずれか 等

WAN回線の論理分割・セグメンテーション

用途別にWAN回線を論理的に分割して利用

  • グループ会社とのWAN集約、企業統合に伴うWAN接合
  • 協力会社とのセキュアなリソース共有
  • PCI-DSS対応のためのネットワーク分離
数年単位でかかっていた企業買収によるNW統合作業を週単位に短縮、MPLSを 14→1つに統合

物理回線に依存せずグローバルで6つの ネットワークの面を使用

VPNごとに 異なるトポロジーを設定することも可能

ゼロタッチプロビジョニング(拠点開設・機器障害対応の迅速化)

工場出荷状態のvEdgeに、電源&LANケーブルを挿すだけで現地作業は完了

  • 機器故障時も出荷状態の機器に電源&LANケーブルを挿すだけで現地作業は完了
  • DHCP環境のほか、閉域網やLTE回線でのゼロタッチプロビジョニングをサポート

LTE対応モデルはSIMカードを購入すればWANに接続可能。回線開通までのリードタイムを短縮。移転の予定がある拠点にも対応

  • まずLTEでサイトを開通し、時間のかかる回線は後から追加することも可能
  • ISDNやADSLのリプレイスとしてバックアップ回線に利用可能

WANの可視化(ダッシュボード)

WANの可視化・運用簡素化のために、Cisco SD-WANのコントローラおよびvEdgeルータの設定作業・ネットワーク状況の確認・分析は見やすいGUIのダッシュボード上から行うことができます。

単一の画面で豊富な分析が可能

ダッシュボードで確認できること

DPIによるアプリケーション別の帯域消費量

  • オーバーレイネットワーク全体でのアプリケーションの 利用状況
  • 特定のアプリケーションのサイト (vEdge) ごとの利用状況、端末のIPアドレスとデータ量

回線品質可視化

  • 拠点間の各トンネルの状況
  • 回線種別(color)の組み合わせごとの状況
  • BFD( Bidirectional Forwarding Detection:双方向フォワーディング検出) )によって把握したネットワークのサービスレベル
  • 遅延、ジッター、パケットロス率

vEdge (サイト)ごとの情報可視化

  • インターフェースの 統計情報
  • フロー情報
  • 他拠点との回線品質情報 (遅延、ジッタ、パケットロス率、 転送量)

Cisco SD-WAN概要

たくさんの課題と生産性の大幅な向上のあいだをつなぐ。

関連コラム

~大量トラフィック時代を勝ち残れ!SD-WANによる出入口・経路管理のメリットとは~「5分で分かる橋川ミチノリの業務改善」コラム第23回


お問い合わせ

以下のお問い合わせフォームからお申し付けいただくか、以下宛にご連絡ください。

ディーアイエスソリューション株式会社
TEL:03-6429-6063 FAX:03-6429-6066

Security Code:
security code
Please enter the security code:

送信

最新事例

  1. ヤマハ発動機グループにおいて半導体製造装置事業を統括するヤマハモーターロボティクスホールデ…
  2. 基幹業務クラウドシステム・業務ソフトウェアの開発・販売を手掛けるピー・シー・エー株式会社で…
  3. 認証・セキュリティ事業を手掛けるサイバートラスト株式会社では「Cisco ISE」と「サイバートラ…
  4. 「誰からも愛される、おいしいスイーツを生み出す」をモットーに日々新商品の開発をされている 株式会社…
  5. 業務用iOS端末の活用状況可視化とセキュリティ向上のために、弊社はCisco Security C…

コラム

ログインステータス

Return Top