【コラム】初めてのオンラインセミナー運営&登壇して気づいたこと~やればやるほど上手くなる~(5分で分かる橋川ミチノリの業務改善コラム第46回)

  • 2020/9/18

はじめに

現在開催中のオンライン展示会イベント「DSol PowerDay in Virtual」は、お陰様で連日多くのお客様に訪問いただいております。ご好評にお応えしてイベント期間を2020年9月30日(水)まで延長させていただくことになりました。ぜひ弊社技術員による説明動画をご視聴ください。

去る8月26日(水)には、こちらも初めてとなりますオンラインセミナーを「Cisco Webex Events」を使って開催いたしました。当初予定していた定員50名を大幅に上回る150名以上の方にお申し込みいただきました。ご視聴くいただいた皆さま、誠に有難うございました。私も「ゼロトラストで脅威からITを守る『Ciscoセキュリティソリューション』」と題して初めてオンラインにて講演をさせていただきました。今回はオンラインセミナーを通して気づいたこと・感じたことをこれまでの経験を踏まえて主催者・参加者それぞれの目線に立ってご説明いたします。

講演②「ゼロトラストで脅威からITを守る『Ciscoセキュリティソリューション』」橋川 吾教

オンラインセミナー・イベントの気づき(主催者側)

まず、従来のオフラインセミナーと比べて一番違いを感じたのは、物理的な会場準備が大幅に減少したことです。経験のある方はお分かりになるかと思いますが、机・椅子・配布資料は勿論のこと、会場までの案内やお茶・ノベリティの準備など、参加者100名規模のセミナー準備は非常に大変で膨大な時間がかかります。終了後もそれらの片付け(会場撤収)に同じくらいの時間と労力がかかるため、セミナー・イベント前後の業務は負荷が非常に高いものでした。ところが、オンラインセミナーの場合は必要な機材は配信に必要な機材(カメラ・マイク・照明)だけで、準備も撤収もこれまでよりもはるかに少ない時間で済みました(※開演前のリハーサルやネットワークのテスト、参加者への案内は別途必要です)。もし機材を会場据え置きにして常設スタジオみたいにすれば準備・撤収の必要がなくなり、更に短い時間で実施できるでしょう。このように、オフラインに比べて、オンラインセミナー・イベントは主催する側にとって効果的であると感じました。今回のセミナーでライブ動画配信に活用した「Cisco Webex Events」は、ウィンドウのアクティブ/非アクティブに基づいた「参加者の関心度」を測定したり、アンケートを取得できたりします。セミナー・イベントを開催したくてもコロナ禍で難しい、というお悩みをお持ちの方は、ぜひ「Cisco Webex Events」を使ったオンラインセミナー・イベントをご検討ください。

主催者から見た「オフライン」と「オンライン」セミナー・イベントの違い

オンラインセミナー・イベントの気づき(参加者側)

私はこれまで数多くのオフライン/オンラインのセミナーに参加して参りました。その経験を基に述べますと、オンラインセミナーは主催者側と同様、参加者側も時間ロスも大幅に削減できます。当然のことですが、オフラインセミナーに参加するにはまず会場に足を運ばなければなりません。セミナー・イベント開催時間の予定が空いていても、この移動時間が確保できないために参加できない、ということが無くなります。また、終了後は帰社するか、そのまま直帰するかのどちらかになる場合が多いかと思いますが、どちらも基本的には業務ができない時間となるためロスとなってしまいます。これがオンラインセミナーであれば「業務→受講→すぐさま業務に戻る」というフローになるため時間のロスはありません。このようにオンラインセミナー・イベントは参加者にとっても業務効率を損なわずに知識・スキルを得る格好の機会なのです。

参加者者から見た「オフライン」と「オンライン」セミナー・イベントの違い

主催者側が気をつけること

このように良いこと尽くめのオンラインセミナー・イベントですが、主催者側が気を付けなければならないのは事前の目的・戦略の準備です。オフラインの場合は参加者に対しての御礼や後追いは開催日の翌日でも問題無い場合が多いと思いますが、オンラインの場合はセミナー・イベント終了後も多くの参加者が端末を開いたままにしています。すぐに御礼や各参加者に適した情報提供を実施しなければセミナー・イベントの効果が薄いものになってしまいます。従って予めセミナー・イベント開始前に、終了後に誰に何を案内するのかを決めておくことが重要であると思います。この目的・戦略を明確にしておかなければきっと失敗に終わってしまうでしょう。物理的な準備が減った分、より緻密な戦略がオンラインの世界では求められるのです。とは言え、いきなり成功させるのは非常に難しいことだと思います。オンラインのセミナー・イベントを実施されたことの無い方、ぜひコロナ禍の今だからこそ開催してみませんか?構築実績豊富なディーアイエスソリューションが形態・規模に応じた適切な機器・ツールをご提案いたしますので何でもお気軽にご相談ください。

このコラムは2020年9月現在の情報を基に作成しています。


製品ページ

Cisco Webex(オンライン会議・ビデオ会議)

関連ページ

「DSol PowerDay in Virtual」オンライン展示会場
【レポート】DSol PowerDay in Virtual オンラインセミナー

関連コラム

「オンラインイベントの運営実例を『Cisco Webex Events』で解説」(5分で分かる橋川ミチノリの業務改善コラム 第43回)
橋川も登壇!)初のオンライン展示会イベント『DSol PowerDay in Virtual』の見どころとは!?(5分で分かる橋川ミチノリの業務改善コラム第45回)
Print Friendly, PDF & Email

Related post

更新情報

更新情報

ログインステータス

Return Top