【コラム】多くの人が躓く、テレワークによる自滅を避けるために(吉政忠志)

  • 2020/9/17

こんにちは。吉政創成の吉政でございます。

新型コロナウイルスにより、多くの企業が部分的または全面的にテレワークに移行をしています。それにより無駄な業務も見えてきて、事業の再編を同時にしている会社も多いです。これはとても良いことであり、コロナウイルスによる企業活動の停滞時期に一気に改革を行った会社も出てきています。

その結果は、その企業のやり方によっても変わってくるので、果たしてすべてのテレワークや改革が良かったのかは千差万別であると思っています。ただ一つ言えることはコロナが過ぎ去ってもテレワークというスタイルは残っていくと思われます。その理由は通勤時間という非生産的な時間が削減できるからです。すべての仕事でそうすべきとは思いませんが、テレワークのほうが良い仕事があるのは事実です。

ただ、ここで重大なことがあります。どんなスタイルでも定着すれば、それが常識であり文化になります。よって将来に起こる禍根をなくすべく、このコラムを書きました。それは「テレワークによる社員の自滅」です。大した内容ではないのですが、社員がそのままテレワークになっただけでは、1年後2年後くらいに自滅する社員が出てくるはずです。

そのように思うのは、私の周りで起業して自滅していく人が割と多いからです。起業して仕事がない人は消えていきますよね。起業して仕事がある人は残っていきそうじゃないですか。しかし自宅で仕事をしている人である一定数は堕落していき、そのうちパフォーマンスも劣化していき、やがて消えていきます。これが起業して10年残る企業は5%に満たないと言われている理由なのかもしれません。

一言で言えば、オンとオフを明確にしないと、やがて堕ちていくということなのです。起業した先輩の中には、ベッドから起きて、スーツに着替えて、自室の机で仕事をする人もいました。さりげないルーティンですが、私は習慣化されればうまくいくと思います。多くの堕ちていく人は、自宅でひげをそらず、顔も洗わずにそのまま仕事をするような人に見受けられるような気がします。気を付けたいところです。

そこで、簡単ですが、お勧めなのは、部門ごとにチャットスペースを常にオンにしておき、仕事を始めるとき、休憩するとき、ご飯に行くとき、仕事を終えるときに一言挨拶をするルールを作るのが良いと思います。テレワークにおけるコミュニケーションの問題や、オンオフの問題などもこれである程度クリアになります。まだ実施していない会社はすぐにでも実施した方がいいと思います。

そういう意味でもビジネスチャットは部門スレッドが作れ、閲覧者の管理を行えるMicrosoft Teamsはよいと思います。AD連携して組織的な活用にも向いています。

Microsoft Teamsに興味がある方は以下のページをご覧ください。

DSolのMicrosoft Office365のページ

Print Friendly, PDF & Email

Related post

更新情報

更新情報

ログインステータス

Return Top