2025年までに多要素認証の市場が年平均15%の成長を続けると予測されていたが、さらに加速化へ

    こんにちは。吉政創成の吉政でございます。
    インターネットで「多要素認証 市場動向」で調べると、「2025年までに多要素認証の市場が年平均15%の成長を続けると予測」という記事が出ています。その記事のソースは以下です。
    Multi-factor Authentication Market Size Worth $17.76 Billion By 2025
    このレポートはGRAND VIEW RESEARCH社という会社が2018年に発表したものです。このレポートは新型コロナウイルスの前のレポートということになります。新型コロナウイルスの対応を迫られた企業の中でリモートワークでも業務が続けられる企業はリモートワークの仕組みを継続していくと思います。

    ITmediaが2020年4月17日に公開した記事によると、緊急事態宣言の前後ではリモートワークの普及率は2倍に上昇し、2020年4月上旬には27%になったといいます。
    記事本文へ:https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2004/17/news103.html
    なんだ27%かと思う方もいるかもしれませんが、この記事には都内の企業では49%が実施と記載されています。49%となると約半分なのでかなりの企業が導入したということになります。これにより多くの企業がリモートワークのメリットデメリットを体感したと思います。私の周りでは、リモートワークのほうが効率が良いという理由で、リモートワークに移行した企業も多いです。今後は、リモートワークのソリューションもそろってくるでしょうし、導入コストも落ち着いてくるはずです。そう考えると、さらに普及が進むと私は考えています。

    ちなみにリモートワークが進むのは良いことではあると思うのですが、リモートワークで切っても切れないのがセキュリティです。どのような状況であっても企業内システムのセキュリティは万全でないといけないと思います。セキュリティにおいて完全はないですが、万全に用意をする必要があります。あまりいい言い方ではないですが、情報漏洩になった際に、企業としてどこまで想定して準備をしていたかどうかで損害賠償金額も変わりますし、企業内の所轄管理職の責任も変わってきます。そういう意味で万全が必要と考えています。
    リモートワークにおいて注目されているセキュリティソリューションは冒頭でご説明した多要素認証になります。認証を複数行うことで、より強度を増すという考え方になります。一般的に言われる多要素認証は「利用者が知っているもの(パスワードなど)」、「利用者が持っているもの(トークンやカードなど)、「ユーザーを特定できるもの(生体認証)」の3つのパターンで複数要素を利用する認証方式を指します。リモートアクセスの場合は、社員が社外から社内システムにアクセスするので、利便性の高い強固な多要素認証が必要になります。そこで、従来から実施してきた、「利用者が知っているもの(パスワードなど)」、に加え、「利用者が持っているもの(トークンやカードなど)、「ユーザーを特定できるもの(生体認証)」を織り交ぜた、利便性を比較的損なわないような強度の高い認証を組み合わせた多要素認証を使うことが増えてきました。
    多要素認証はクラウドへの移行時に検討されることが多かったのですが、新型コロナウイルスにより普及に拍車をかけた形になりました。
    ちなみに個人的な経験の話になりますが、このようなセキュリティソリューションは万全なのは当然で、さらに使いやすくないといけないですよね。使い勝手が悪いと業務効率に影響が出るからです。そこで、多要素認証を検討される際にお勧めしたいのが無料のトライアルです。
    多要素認証ソリューションの説明を聞いて、デモを見て検討するのは前提ですが、やはり実際に触ってみて検討するのが一番だと思うのです。このコラムを掲載いただいているディーアイエスソリューションでは、Cisco Duoの30日間無料トライアルを提供しています。興味がある方は以下のページをご覧いただき、一度お試しいただくとよいと思います。

    https://www.si-jirei.jp/cisco/security_solution/cisco-duo/cisco-duo-free-trial/

    Print Friendly, PDF & Email

    Related post

    更新情報

    更新情報

    ログインステータス

    Return Top