「オンラインイベントの運営実例を『Cisco Webex Events』で解説」(5分で分かる橋川ミチノリの業務改善コラム 第43回)

  • 2020/6/12

大規模オンラインイベントに大切な3つの要素

以上、「Cisco Webex Events」 で、非常に簡単に大規模オンラインイベントを開催できることがお分かりいただけたかと思います。通常、このような大規模オンラインイベントは1回開催して終わることは少なく、中長期的に複数回開催する場合が多いと思います。このことから、下記3つの要素が非常に大切です。

①簡単に開催・接続できる

上述の通り、「主催者」が「Cisco Webex Events」のスケジュールをし、「出席者」にメール配信をするだけで開催準備ができます。ときには突発的にイベントを開催する必要があったり、急遽連絡をしたりしなければならないこともあるでしょう。その際に「あれ、どう操作するんだったっけ?」ではいざと言うときに使えません。「Cisco Webex Events」は主催者も出席者も使いやすいツールなので安心して利用できます。

②高セキュリティである

万が一、大規模オンラインイベントで情報漏洩が発生した場合、オンラインイベント活動ができなくなるだけでなく、直接風評被害に繋がってしまう可能性があります。シスコ社のクラウド上にある「Cisco Webex プラットフォーム」は、マルチレイヤ セキュリティ モデルを採用していますので非常に堅牢です。また、128ビット Transport Layer Security(TLS)および 256ビット Advanced Encryption Standard(AES)によるデータ暗号化をしていますので、利用者以外にイベントの内容が漏れる可能性は極めて低いです。

③イベントの改善ができる

せっかく開催する大規模イベントです。毎回効果測定をして改善をしていかなければ勿体ないですよね?
「Cisco Webex Events」は「出席者」から「主催者」、「プレゼンター」、「パネリスト」に対して、公開または非公開でチャット/Q&Aを実施できますので、「出席者」の満足度が高いイベントができます。また、「参加者」に対して、予め用意しておいた投票を依頼し、結果をその場で表示できます。更に、「Cisco Webex Events」のウィンドウがアクティブ/非アクティブを基にした「出席者」の関心度をチェックできますので、次回以降のイベントで関心度の低かった資料の修正ができます。
※「出席者」の画面に関心度は表示されません。

資料の「関心度」をチェックしたり、「アンケート」、「Q&Aチャット」を実施できたりと、「出席者」の関心を高める機能を搭載しています

イベント終了後には、「出席者」のブラウザにアンケートを表示させることもできますので、イベントのフィードバックも得られます。

イベント終了後に回答形式を自由に設定できる「アンケート」を実施できます

このように、「Cisco Webex Events」を活用すれば、大規模オンラインイベントを簡単かつ効率的に開催できます。企業活動を止めないためにも是非「Cisco Webex Events」をご検討ください。弊社では、「Cisco Webex」を始めとする様々なソリューションのご提案・構築が可能です。何かございましたらお気軽にご相談ください。

本コラムは2020年6月時点での情報を基に作成したものです。


導入事例

公益財団法人大阪産業局「Cisco Webex 導入事例」

製品ページ

Cisco Webex(オンライン会議・ビデオ会議)

関連ページ

Cisco Webex Eventsで開催!【レポート】DSol PowerDay in Virtual オンラインセミナー

関連コラム

橋川ミチノリのコラム 橋川も登壇!)初のオンライン展示会イベント『DSol PowerDay in Virtual』の見どころとは!?(5分で分かる橋川ミチノリの業務改善コラム第45回)
【コラム】初めてのオンラインセミナー運営&登壇して気づいたこと~やればやるほど上手くなる~(5分で分かる橋川ミチノリの業務改善コラム第46回)

Print Friendly, PDF & Email
Pages:
1 2

3

Related post

更新情報

更新情報

ログインステータス

Return Top