ワークスタイルの変革コラム第44回「テレワークの費用を東京都が250万円まで助成してくれるそうです」

    こんにちは。吉政創成の吉政でございます。

    新型コロナウイルスの件で、東京都がテレワークの助成金を1社250万円までフルで助成してくれるそうです。

    条件には都が実施する「2020TDM推進プロジェクト」に参加していることなどがありますが、素晴らしいことだと思います。申し込みは2020年5月12日までで、予算を消化したら終了とのことなので、申請される方は急がれた方が良いです。

    今回の助成対象の経費は以下だそうです。

    1. 機器等の購入費(例:パソコン、タブレット、VPNルーター)
    2. 機器の設置・設定費 (例:VPNルーター等機器の設置・設定作業費)
    3. 保守委託等の業務委託料(例:機器の保守費用)
    4. 導入機器等の導入時運用サポート費 (例:導入機器等の操作説明マニュアル作成費)
    5. 機器のリース料(例:パソコン等リース料金)
    6. クラウドサービス等ツール利用料(例:コミュニケーションツール使用料)

    現在、テレワークをまったく実施していない企業が、社外から基幹システムにアクセスするような高いセキュリティ対策が必要な環境を作るのはいささか無理があると思っています。一方、大半の業務は電子メールやコミュニケーションツールが使えれば事足りることが多いと思います。250万円という助成金の金額は大きいようで、高いセキュリティを確保した本格的なテレワークの仕組みを構築しようと考えた時に、それほど十分な金額ではない為、以下の様な段階的なステップでテレワークを進めるのが良いと思います。

    1. 全ての社員が、リモートで電子メールや社内掲示板、コミュニケーションツールにアクセスできるようにする
    2. インターネット経由で基幹システムにリモートでログインできるようにする
    3. ファイルサーバを含めた社内のシステムにリモートでログインできるようにする

    多くの会社はでは「1」については、外出が多い営業マンや役員の方がすでに実現できていることが多いと思います。そういう会社でも、総務の方や人事の方はデスクトップのPCで作業をすることが多く、テレワーク環境が整っていないことも多いのではないでしょうか。そういう内勤の方のテレワーク用のノートPCやタブレットを支給して、全社員がまずは「1」ができるようにするというのが現実的な気がしています。電子メールや社内掲示板、コミュニケーションツールは社外からのアクセスが容易にできるため、会社でデスクトップPCをメインで使っているようなケースも多いと思うのです。そこで、ノートPCやタブレットとリモート用の回線を用意すればすぐに実現できるはずです。

    但し、今回助成金を活用する場合は、消耗品機器等の購入の条件に、税込み単価千円以上10万円未満という条件があり、例えば1台15万円のノートパソコンを購入した場合、10万円分のみの助成受けるということはできません。必ず、1台税込み10万円未満でないといけません。そう考えると、ノートPCの場合はかなり貧弱なPCになってしまい、かえって作業効率が落ちそうではあります。また、デスクトップPCはテレワーク向きのパソコンとは定義されていない為、助成金の対象外になります。今回の助成金を使ってパソコンを買う場合は、タブレットPCが現実的ではないかと考えます。

    その一方、クラウドサービス等 ツール利用料については新規/追加契約いずれも単価等の条件はありません。これは、クラウドサービスのコミュニケーションツールやセキュリティ強化ソフトのほうが上述のような金額計算をしなくとも申請しやすいということになります。ディーアイエスソリューションではシスコやマイクロソフトを中心としたクラウドサービスを提案・構築できますので是非この機会にご検討ください。

    そのほかにも東京に本社があり、東京都で税金を納めている企業の大阪支店で使用するテレワーク用の機材も対象外になるなど、細かい規定があります。また、今回の助成金は先着100社になるため、申請書に不備があると、再提出になり、再度順番に並ばないといけません。そう考えると、募集要項をよく読むのは当然ですが、社会保険労務士の先生など、詳しい先生に申請をお願いした方が良いような気もします。

    さて、とはいえ、破格の助成金には変わりないので、興味がある方は、以下をお読みの上、早めに対応されると良いと思います。

    当然、申請時には構成図などの技術的な説明も必要になります。

    システム面でご不明な点はディーアイエスソリューションまでお申し付けいただければと思います。

    また募集要項については以下をご覧ください。

    https://www.shigotozaidan.or.jp/koyo-kankyo/joseikin/kinkyutaisaku.html

    Print Friendly, PDF & Email

    Related post

    更新情報

    更新情報

    ログインステータス

    Return Top