クラウド時代ではコンプライアンスを意識した安全安価な長期バックアップを実現するべき(吉政忠志氏)

こんにちは。吉政創成の吉政でございます。

今日はバックアップの話です。今はクラウド全盛であり、クラウドを活用していない企業ほとんどないような状況になっています。今までオンプレミスのサーバーを管理されていたお客様は自分で管理している自覚があるので、割と自身でバックアップを取っていたような気がするのですが、クラウドに移行すると、なぜか安心感が出てしまい、クラウド事業者に任せているから大丈夫と思い込んでいるケースもある。しかしながら、お客様がクラウドサービスプロバイダーとバックアップのサービスの契約をしていない場合は、バックアップは原則されない。

クラウドはかなり安全なIT環境ではあるが、システムである以上、クラウドでもオンプレミスでも100%の安全はない。現に、私のお客様はクラウド上に置いておいたシステムが、クラウドのシステム障害によりストレージごと消失してしまったことがある。さらにそのバックアップデータも同一のストレージに保管されていたため、バックアップデータごと消失したのだ。

クラウド上のシステムのバックアップはストレージtoストレージのバックアップが安価で便利なのだが、バックアップ先のストレージは最低でも別リージョンのクラウドか、別のクラウドサービスが良いと思う。データが消失すると業務システムの場合、かなりのダメージとなるので気を付けたいところだ。

さて本題に入る。業務システムの場合、皆様はどれくらいの頻度と期間でバックをとっているだろうか。多くの企業が日次のバックアップで数世代を保管し、その後はテープ装置に保存して保管しているのではないだろうか。

バックアップの取りやすさと復旧しやすさを考えるとテープバックアップではなく、ストレージtoストレージのバックアップのほうが手軽である。しかし、長期保存ということを考えると、保管時に電源を使用しない、テープバックアップのほうがコスト面でも良く、遠隔地保管もやりやすいのだ。

一方でコンプライアンスということを考えると、情報漏洩の原因を調べるべく、数年前のシステムデータを再現してさかのぼることもある。ストレージtoストレージのバックアップをされているお客様はさすがに数年前のデータは保管していないと思う。数年前のデータを見るということを考えると、テープバックアップが欲しいところだ。しかしながら、オンプレミスからクラウドに移行するときに、このテープバックアップが忘れられてしまうことが多いような気がして、今回のコラムを書いた。理想的なのは以下のようなバックアップだと思う。

クラウド⇒クラウド(別リージョン)⇒ローカルストレージ⇒テープ

この方式だと3次 バックアップまで取るのでかなり安全である。また万が一の時はテスト環境に数年前のテープバックアップを復活させることもできる。人間とは不思議なもので、二次バックアップまでやれば十分だろうということで、「クラウド⇒クラウド(別リージョン)⇒ローカルストレージ」ここで止まってしまうことが多い。バックアップは細心に戻すのと、過去の状況を見ることの両方が必要なのだ。

いかがだろうか。少しでも参考になれば幸いである。

Related post

更新情報

更新情報

ログインステータス

Return Top