【レポート】大阪開催SDNセミナー ~IoTへの対応とインフラとして最適なネットワーク設計の実現に向けて~

  • 2019/10/17

2019年10月16日(水)、日本電気株式会社 関西支社にて「柔軟・セキュアな止まらないネットワーク SDNセミナー ~IoTへの対応とインフラとして最適なネットワーク設計の実現に向けて~」を開催いたしました。今、SDNが必要な理由から概要説明、そしてSDNの動作デモンストレーションをご確認いただき、セミナー終了後は多くのお客様からお問い合わせをいただきました。ご来場いただきまして誠に有難うございました。

IoT時代の本格的な到来とともに、接続されるデバイスの数が飛躍的に増えており、多種多様なデバイスを接続して情報を収集することで、業務システムの活用レベルを上げることやビッグデータの分析への活用が進んでおります。そういった環境の中において、ネットワークへの接続の親和性、運用容易性、可用性、セキュリティの信頼性とそのコスト低減といった効果を実現できる5G対応の戦略とSDNの概念に基づいた対応が、これからますます注目を集めていきます。
本セミナーでは、IoT対応の現状や課題と、それをカバーするインフラとして、NECが提唱する5Gの概念とSDNの優位性を運用面・セキュリティ・コストなどの面からデモを交えてご紹介致しました。


基調講演
『進展するIoTへ対応する最適なネットワークについて』
(NECのローカル5Gと、止まらない・安全なネットワークの確保に向けて)
日本電気株式会社 新事業推進本部
マネージャー 高地 成彦

デジタルテクノロジーによる社会・産業の変革を見据えた国家戦略のもとで、官民一体となったイノベーションへの取り組みが始められています。そんな中で、国家がデジタル戦略として整備を進めているのが5Gです。本セミナーでは、5Gとは、という基本的な部分からの説明に始まり、政府の動向や、5Gのユースケースのご紹介、NECで実際に行っている建設機械に対しての遠隔操作の実証実験の内容の動画を交えてご説明頂きました。5Gによる遠隔操作で、今回の洪水の決壊した堤防の修復のような危険な仕事も、安全に早期に対応出来る可能性を感じることができました。警備、見守り、遠隔診断など、5Gの可能性について、高度な付加価値を持つ製品・サービスや新たなビジネスモデルの方向性の参考になりましたら幸いでございます。


第1セッション
『IoT時代への対応の進展と、企業の現場でSDNが果たす役割とは』
日本電気株式会社 デジタルネットワーク事業部
関西システム部 南 吉哉

IoT時代を見据えて、企業のネットワークはどうあるべきか、SDNの導入事例を交えながらご説明頂きました。IoT時代ではさまざまな「モノ」がネットワークに繋がります。本セミナーでSDNによりGUIにより誰にでも管理できるネットワークを構築出来ること、運用において、セキュリティの問題が発生した場合にも、自動的に問題のネットワークを切り離すことができインシデントを拡大することが防止されることなどについてご説明頂きました。


第2セッション
『セキュリティガイドラインに基づく最適なネットワーク構築のご提案』
ディーアイエスソリューション株式会社
コミュニケーションインフラ部 内田 修策

IoTの本格的な到来の時代にけるネットワークを構築する際に、検討不可欠なセキュリティ対応について、

  1. サーバーセキュリティ対策についての公的ガイドラインの設定と改定経緯
  2. ガイドラインを活用している企業の実例
  3. SDN導入によるサイバーセキュリティへの対応
  4. その他ガイドラインに沿ったシステムの実装に関する弊社からのご提案

上記項目について説明致しました。
どうしても、脅威毎に対して個別の対応になりがちであるセキュリティ対策に対して、経済産業省が推進している、サイバーセキュリティ経営ガイドライン Ver2.0に基づいたセキュリティ対策の重要性と、その活用企業の事例をご紹介をさせて頂きました。


SDN動作デモおよび個別相談会
日本電気通信システム株式会社
ネットワークソリューション事業部 中嶋 健一

SDN動作のデモをご覧頂きました。6つのコアスイッチをSDNで接続して、障害が発生した場合のネットワーク切り替わりスピードなどの動作の確認、仮想ネットワークをGUIで作成し、構築の容易さ等をご確認頂きました。


本セミナーに関するご要望・ご質問は下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

Security Code:
security code
Please enter the security code:

送信

更新情報

更新情報

ログインステータス

Return Top