HTTPサイトがGoogleからブロックされる日

  • 2019/10/17

こんにちは。吉政創成の吉政でございます。

先日Google社がHTTPS/HTTP混在サイトにおいて、HTTP経由の画像をブロックすると公式ブログでアナウンスをしました。

日本市場で50%以上を持つChromeブラウザでブロックされるそうです。

ちなみに日本ではHTTPサイトは70%以上存在しており、常時SSL化しているのは2割3割だそうです。個人的に常時SSL化3割というのが驚きなのですが、これからもじわじわとGoogle社によるHTTPサイトHTTPS化推進作戦が展開されると思います。

そもそも少し前にHTTPSにしないと、Chromeブラウザ上で「安全ではないサイトです」と表示しますよ!という宣言があり、実際にそうなったのですが、それでも、常時SSL化率2割3割なので、なかなか進まない感じです。

そして今回は画像表示をブロックする!という話です。HTTPS化しないサイトの画像は見せませんよ!ということなのです。多分これくらいのことではへこたれないWeb担当者が多いような気がします。個人的にはたぶん、これでも常時SSL化は一気に進まないような気がします。

最終的にはGoogleはHTTPサイトをChromeブラウザ上に表示しないという宣言をするようになる個人的に思っています。

Googleは独占的な市場を有している検索エンジン市場において、自分自身の意図する方向性を強制的に行おうとすると反発を招きそうですし、独占禁止法の話もちらちら出てきます。

ただ、GoogleとしてはGoogleで検索して表示されたサイトが審議を疑うようなサイトだったり、だれが書いたかわからないようなコンテンツが表示されるのは、検索サービスの品質向上の点で、避けたいはずです。それゆえに、だれが所有しているコンテンツか特定しやすいようにGoogleはすべてのWebコンテンツのSSL化を進めたいのです。よってゆくゆくはHTTPサイトのすべてはGoogleの検索エンジン上では表示されなくなると個人的に思っています。

WebコンテンツのSSL化=常時SSL化ということになります。別の言い方をすれば」全ページHTTPS化ということになります。

多くの企業で部分的にSSLを導入していると思うのですが、今回の話はHTTP/HTTPSの近在環境をやめさせようという話です。HTTP化されていないページをHTTPS化すれば、GoogleからHTTP経由の画像をブロックされなくて済みます。

既存のHTTPサイトを一括で安価にHTTPS化したいというご要望もあると思います。そのようなお客様はKUSANAGIに移行されてはいかがでしょうか?

KUSANAGIを導入するとWebサイトのバックエンドが10倍程度高速化し、セキュリティも強化され、SSLのライセンス料を支払わなくても常時SSL化ができます。興味がある方はディーアイエスソリューションのKUSANAGIの特設ページを是非ご覧ください。

KUSANAGIについて

不明な点がありましたらKUSANAGIパートナーのディーアイエスソリューションにお問い合わせください。

更新情報

更新情報

ログインステータス

Return Top