安井智志のMSクラウド導入の勘所(Office365編 改めM365編)第2回/全3回

  • 2019/9/26
Print Friendly, PDF & Email

皆さん、こんにちは。マイクロソフトクラウド担当の安井です。

今回で2回目となるコラムも、Microsoft365(以下、M365)の概要を中心にお話し致しますが、今回は趣向を変えて、新人の田中くんからの質問に回答するかたちで、M365やEMSについて見ていきたいと思います。


田中くん

「安井さん、こんにちは。前回のコラムを軽く拝見したのですが、正直なところ前提知識がなくてあまり理解できていません。すみません…  M365が『Office365』+『EMS』+『Windows10』のセットであることはわかったのですが、『EMS』ってどんな時に必要なものなのでしょうか?」

安井

「EMSはクラウドサービス(Office365など)を利用する上で、必要な対策がセットになったものです。セットの中にまたセットがあるからややこしいですよね。

大きく、

  1. 認証強化(Azure AD Premium)
  2. デバイス管理、(Intune)
  3. ファイル保護(Azure Informaiton Protection)

の3つが含まれています。企業がクラウドを利用する際は、1.と2.はどんな時でも必要だと思います。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は tanaka.png です
田中くん


「いろんな製品やサービスがあると思うのですが、EMSの特徴って何ですか?」



安井

「まず間違いないのが、マイクロソフトだけのサービスで完結するので、設定も管理もトラブル対処も楽です。正直、以前まではどこに何の設定があるのかわかりづらいなど不都合も多々あったのですが、それも今は昔の話しで設定画面も相当洗練されています。あと、マイクロソフトの製品なので、Windows 10のバージョンアップに踊らさせることもない。笑」

「あと、Office365のクラウドを利用すれば、ゆくゆくほとんどの業務とそのデータがOffice365上で展開されることになりますよね? なので、『Office365のクラウドサービス』側と『エンドポイント(PCやスマホなど)』側を、使い勝手を悪くせず徹底して守りましょうというのがEMSです。」

田中くん

「なるほど、そうなんですね。EMSに少し興味が出てきました。過去のコラムや資料でもう少し勉強してみます。またわからないところがあれば教えて下さい! あと、1回目のコラムの中で、M365がリリース時とは別物に進化したという話がありましたが、もう少し詳しく教えてもらえますか? 」

安井

「M365は300名以上の『Enterprise』と、300名以下の『Business』に大きく分かれますが、別物に進化したのは、「Business」の方です。300名以下と言えば、一人情シスの体制で頑張っている企業も多いと思いますが、まさにM365 Businessはそのようなお客様にマッチしたサービスだと思います。」

Microsoft 365とは
田中くん


「では、Businessエディションで進化した機能について具体的に教えて下さい。」



安井

「まず、Office365系のセキュリティ機能強化とEMS系の機能強化があるのですが、まずリリース時のBusinessの機能概要が以下です。」

進化する前のM365 Business

「そして、進化後のBusinessが以下です。簡易版であったEMSがEMS E3に近いレベルに機能がアップしているのと、下図の赤枠部分で記載しているOffice365に関連した機能強化が非常に大きいです。特にOffice365ATPと無制限アーカイブですね。」

進化後のM365 Business
田中くん


「Office365ATPと無制限アーカイブって端的に言うとどんな機能ですか?」


安井

「Office365ATPは、簡単に言うとOffice365内のデータを未知の脅威から守るサービスですね。特に複雑な設定や追加の機器などは不要です。Office365内のメールやチャット、共有サイト上のファイルやリンクをサンドボックスで開いて確認してくれるサービスです。

一般的に外部からの流入のほとんどがメールであることを考えれば、このサービスの利用によってほとんどの未知のマルウェア対策が出来ると言っても過言ではないです。」

Office365ATP概要

「無制限アーカイブは、無条件にすべてのメールが別の場所に保存されるオプションです。例えば、社員や離職者が意図的に都合の悪いメールを削除した場合でも、すべて証跡が残せるんです。昨今のコンプライアンス遵守、情報保護という観点で必須と考えている企業は多いです。」

田中くん

「確かにこれらの機能は昨今の企業として必須な気がしますね。あと、Office365ATPは管理者として非常に安心感のあるオプションだと思います。一人情シスの企業であれば、機器を増やさずに極力クラウド提供されるサービスで対策できる方が望ましいと思いますし。」

安井

「そうですね。M365 Businessに関しては、進化後の価格も『2,180円/月額』のまま据え置きで、かなり優遇されたエディションです。機能が多いので説明が難しい部分もあると思いますが、一人情シスのお客様にはかなりマッチした製品かと思います。田中くんもぜひお客様に提案してみて下さい。」

田中くん


「そうですね。これからご紹介していきたいと思います。ありがとうございました。」



上記の中でご不明な点がございましたらいつでもお気軽にお問合せ下さい。
次回3回目のコラムは、技術的な部分の変更点などを中心に記載して参ります。引き続きお付き合いください。

※マイクロフト・クラウド・ソリューション一覧については、以下をご覧ください。
https://www.si-jirei.jp/microsoft/

※本コラムは2019年8月31日時点の情報をもとに書かれています。

Related post

更新情報

最新コラム

  1. 好評!橋川ミチノリのマイナビニュース連載コラム”「2025年の崖」の下から見たITセキュリティ対策…
  2. 1.はじめに みなさん、こんにちは! プライム・ストラテジーでマーケッターをしております、穂苅 …
  3. 皆さん、こんにちは。マイクロソフトクラウド担当の安井です。 今回で2回目となるコラムも、Mi…

ログインステータス

Return Top