三島正裕のOffice365コラム第14回「PowerAppsとFlowで社員の労働時間を把握する。テレワーク環境を考えてみよう」

こんにちは!クラウドビジネス担当の三島です。今回のOffice365コラムでは、社員の労働時間を把握するアプリを作成してみたいと思います。働き方改革の中でもテレワークという言葉が最近注目されていますよね。いつでもどこでも働ける環境を構築することで、時間や場所にとらわれない柔軟な働き方を目指すというものです。育児や介護、ケガなどで規定の業務時間内の労働が困難な方に勤務地以外の労働環境を提供したり、移動中や待ち時間などの隙間時間を有効活用してもらうことで、作業効率を上げ、労働時間の削減を行ったりといった取り組みが多くの企業で行われています。

こうした活動を促進しているのは、近年急速に発展してきたICT(情報通信技術)の影響が大きく、モバイル端末やモバイルアプリが充実してきたことで、社外でも社内システムを使った労働がしやすくなったことが大きな要因としてあげられます。

しかし、こうした社外の労働環境にも大きな課題がありますよね。それは社員が働いている姿が管理者側から見えにくいということです。社員が今、どこでどのような作業を行っているのか、そもそも本当に仕事をしているのかなど、管理者の立場からすると不安になる要素が非常に多いのはテレワークを推進していくにあたっての課題の一つです。

この問題を解決するには、コミュニケーションをより円滑にしたり、アプリの操作ログを適切に残したりといった方法がありますが、労働者側から適切なタイミングで作業報告をしてもらうというのも1つの方法です。ただ、これをメールやチャットで行うと、管理が煩雑になってしまいますので、アプリを使って管理をしてみたいと思います。

1.労働時間報告アプリをつくる

今回作成するアプリはこのような仕組みです。アプリを起動して、これから行う作業名を入力。開始ボタンを押すと開始時間が登録され作業開始です。作業を終了したり、中断したりしたい場合は終了ボタンを押します。再開する場合は、最初と同じように作業名を入力して開始ボタンを押します。1日の業務の終わりに報告ボタンを押して、管理者宛に作業時間の報告を行います。

2.Common Data Serviceでエンティティを作成する

今回の労働時間データはCommon Data Service(以下CDS)に保存します。作成するエンティティについては、下図を参考にして下さい。

エンティティの作成方法については、こちらのコラムを参考にして下さい。

https://www.si-jirei.jp/2019/01/23/powerapps%E3%82%B3%E3%83%A9%E3%83%A0/

3.PowerAppsアプリを作成する

PowerAppsでアプリを作成します。今回もキャンパスアプリで作成します。レイアウトは携帯電話レイアウトを選択して下さい。PowerAppsのメニューよりビューを選択して、データソースを選びます。データソースはCommon Data Serviceを指定します。先程作成した労働時間報告のエンティティが表示されますので、選択して接続します。

続いて、Office365ユーザーを接続します。接続方法は労働時間報告のエンティティと同じです。データソースからOffice365ユーザーを検索して作成ボタンを押します。

Pages:

1

2 3

Related post

更新情報

更新情報

ログインステータス

Return Top