三島正裕のOffice365コラム「PowerAppsで売上ランキングを表示する。グルーピングをおぼえよう!」

こんにちは!クラウドビジネス担当の三島です。今回のOffice365徹底活用コラムではPowerAppsでランキング表示をさせてみたいと思います。PowerAppsでアプリケーションを作成すると、様々な種類のデータを集めることが出来ますが、集めたデータを活用するには、目的に応じたカタチにデータを加工する必要があります。Excelでも集めたデータをそのままシートに並べて活用することは稀で、データをソートしたり、件数を表示させたり、合計欄を設けて関数を入力したりしますよね。PowerAppsでもデータ集計をする関数は用意されていて、入力されたデータを様々な形で可視化させることが出来ます。ただ、PowerAppsでのデータ集計は、自由度が大きい反面、操作には少しコツが必要で、様々な制約の壁に悩まされることがあります。今回は商品の売上データをサンプルとして用意しました。このサンプルをベースにPowerApps上で売上ランキングアプリを作成することでグルーピングの仕方を解説してみたいと思います。

1.Common Data Serviceでエンティティを作成する。

最初にCommon Data Serviceでエンティティを作成します。エンティティの内容は下図を参考にして作成してみて下さい。※価格は数値のみ扱う場合はデータ型を整数として設定します。

エンティティの作成方法がわからない方は、前回のコラムの内容を参考に作成してみて下さいね。

◇Common Data Serviceで来客情報を管理する
https://www.si-jirei.jp/2019/01/23/powerapps%E3%82%B3%E3%83%A9%E3%83%A0/

2.PowerAppsでアプリケーションを作成する。

キャンパスアプリとして、PowerAppsでアプリケーションを作成します。今回は携帯電話レイアウトを選択して作成します。PowerAppsのホームより、「アプリ」を選択。「+アプリの作成」より「キャンパス」を選択。空のアプリより「携帯電話レイアウト」を選択します。「アプリの設定」よりアプリ名を任意で入力して保存して下さい。※当コラムでは「売上ランキング」としています。

3.アプリパーツを配置する。

続いて、作成したエンティティの中身をアプリケーションのスクリーンに表示してみましょう。アプリパーツの挿入は画面上部のメニューから「挿入」を選択して選びます。選んだパーツをスクリーンに配置して、プロパティに関数を入力します。画面のタイトルは任意で問題ありません。当コラムでは販売履歴としています。アプリパーツの配置や関数については下図を参考に設定してみて下さいね。ラベル、ギャラリー、アイコンを配置し、それぞれのプロパティに下図と同じように関数を設定頂くだけで完成するはずです。

Print Friendly, PDF & Email
Pages:

1

2

Related post

更新情報

更新情報

ログインステータス

Return Top