「Cisco Digital Innovation Summit 2019」レポート~「インテントベースネットワーク」解説~

Print Friendly, PDF & Email

シスコシステムズは2月7日に「Cisco Digital Innovation Summit 2019」を開催しました。当日は2千名の会場に入りきれないほどの多数のお申し込みがあり、抽選によって参加者が選ばれるくらい大盛況になりました。

本イベントはシスコシステムズのデイヴ・ウェスト社長が登壇し、シスコが掲げるビジョンを解説されました。現在、IoTデバイスを含む8億台のデバイスがインターネットにつながっていますが、4年後には15億台になるそうです。インターネットにつながるデバイスが増えれば増えるほど大きなビジネスチャンスとなるが、反面、攻撃対象が増えるので、リスクも大きくなります。それゆえに、今まで以上にセキュリティを強化しなければいけないとのことです。15億台ともなれば、人間が1台1台設定していくことは非現実的であり、それゆえに、AIやIoTを活用した接続とセキュリティの自動化が必要になってきます。

そこで、シスコが提唱するのが「インテントベースネットワーク」になります。

インテントベースネットワークは増大するデバイスを自動的にデータ接続権限の管理とセキュリティ管理を行うコンセプトで実現する新しいネットワークの考え方です。ユーザがネットワークに対して要求するインテント(意思)をネットワークが理解し、それを多様なデータセンターネットワーク全体にわたって自動化して、利用・運用していくというものです。インテントベースネットワークの特徴は以下の通りです。

インテントベースネットワークの特徴

・WAN:クラウドへのあらゆる接続でアプリケーションパフォーマンスを最適化及び保護
・クラウドエッジ:クラウドへ移動またはクラウド感を移動するワークロードを安全に接続および保護
・アクセス:ネットワークをセグメント化し、エッジからクラウドへのユーザアクセスを保護
・データセンター:あらゆる環境で、従来型またはクラウドネイティブのアプリケーションを実行

シスコ「インテントベース ネットワーキング」概要

インテントベースネットワークが実現されると、ユーザ及び管理者は権限やセキュリティを意識せずに安全にデータに対してアクセスができるようになり、デバイスが急増した場合でも、今まで以上に便利かつ安全にネットワークを使用できるようになると思われます。

本件について、ビジネスコンサルタントの吉政忠志氏は「インテントベースネットワークの実態をまだ見ていないので何とも言えないが、インテントベースネットワークでは、新たに発生したデータやデバイスを自動認識し、AIを使って判別し、ポリシーに反映させていくことになると思うが、このポリシーに反映させるルールや、どこまで自動化させるかとういう決め事は会社によって違ってくるのではないかと考える。将来的なネットワークインテグレーターの仕事としては従来の機器やネットワークの敷設に加え、この運用・セキュリティポリシーのコンサルティングが重要な役割になってくると考える。現在、シスコソリューションの販売店として数々の受賞経験があるディーアイエスソリューションは間違いなくこの分野のトップランナーの一社であり、同社の自動化の取り組みとネットワークインテグレーションの取り組みがインテントベースネットワークでさらに花開くのではないかと期待している。」と述べています。

シスコ社が掲げるインテントベースネットワークと弊社の今後の展開にご期待ください。

※ディーアイエスソリューションのシスコソリューションの取り組みはこちらをご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related post

更新情報

最新コラム

  1. みなさん、こんにちは! プライム・ストラテジーでコンサルタントからマーケッターになりました! 穂苅…
  2. こんにちは!クラウドビジネス担当の三島です。先日、マイクロソフト様主催のPower Platfor…
  3. なぜ今、Cisco Stealthwatch なのか? 東京オリンピックの開会式まであと4…

ログインステータス

Return Top