【KUSANAGI・PHP】KUSANAGI最新アップデート!PHP7.3系に対応!!(穂苅智也氏)

Print Friendly, PDF & Email

1.はじめに

みなさん、こんにちは!

プライム・ストラテジーでコンサルタントをしております、穂苅 智哉 (ほかり ともや) です。

プライム・ストラテジーは、WordPressを使ったシステムインテグレーションとしてWebサイト構築、クラウドインテグレーション事業として各種セキュリティ対策のバージョンアップやパブリッククラウド選定、またその後の継続的なWordPressとサーバー保守作業としてKUSANAGIサポートサービスを展開しております

前回は『KUSANAGIのさらなるセキュリティバージョンアップ』ということで、WordPressやサーバーをサポートする、プライム・ストラテジーの保守プランについて書いてきました。

WordPressサイトのサポート、サーバーのサポートについて課題に抱えておられる方はぜひご覧ください!

【KUSANAGI】Webサイトのセキュリティやサポートでお困りの方!KUSANAGIの保守プランの紹介をいたします。

さて、今回はKUSANAGIの新しいアップデートによりPHP7.3に対応した部分を紹介いたします。

WordPressのバージョンアップは管理画面に「更新」と出てくるので気づきやすく意識ができるところですが、意外とPHPのバージョンについてはサーバー側のため放おって置かれがちな部分です。最新のPHP7.3に対応しているKUSANAGIについて紹介します。

KUSANAGIの詳細については、こちらをご覧くださいhttps://www.si-jirei.jp/kusanagi/

2.PHP7.3とは

PHPとは、Web開発でよく使用されるスクリプト言語です。HTMLに埋め込むことができる、サーバーサイドで実行されるといった特徴を持っており、すべてのWebサイトの78.8%で利用されているという調査データもある大人気言語です。

(参考)https://w3techs.com/technologies/overview/programming_language/all

その最新版がPHP7.3になります。少々危険なデータとして、現在動作している74.6%のPHPが実はPHP5.x系のもので、PHP5.5以下はすでにすべてのサポートが終了しており、その中でも新しいPHP5.6についてもなんと2018年12月末をもってセキュリティサポートが終わってしまいます。

執筆時2018年12月24日ですと、のこり6日と出ています。

(参考)http://php.net/supported-versions.php

セキュリティサポート切れのバージョンを利用してしまっている方は意外に多く、レンタルサーバーでも専用サーバーでもPHP5.3などのバージョンで可動している企業サイトもあります。セキュリティバージョンが切れたからといってすぐにサイトが同行なる話ではありませんが、

php.net を引用すると、

Each release branch of PHP is fully supported for two years from its initial stable release. During this period, bugs and security issues that have been reported are fixed and are released in regular point releases.

つまり、各バージョンは、最初の安定版リリースから2年間はサポートされており、その間に発生したバグやセキュリティの問題は報告され修正されリリースされる。となっています。

セキュリティサポートが切れたら、こういったバグやセキュリティの問題が修正されずセキュリティの危険が残る運用になってしまいます。

php.net のEnd of lifeの説明を見ると、

A release that is no longer supported. Users of this release should upgrade as soon as possible, as they may be exposed to unpatched security vulnerabilities.

サポートが切れたバージョンはパッチが適用されないセキュリティの脆弱性にさらされる可能性があるため、早めにアップグレードすることをおすすめする。となっています。

バージョンアップや各種対応はサイトやサーバーの影響度によってかなり大変な作業の場合もあり、会社全体を巻き込んで進める必要がある場合も考えられます。

しかし、脆弱性の修正対応が行われなくなった古いバージョンを利用するよりは断然良いのではないかと思っていますので早めに課題提起を行う必要があります。

2.KUSANAGIとPHP7.3

プライム・ストラテジーが開発している、超高速仮想マシン『KUSANAGI』では日々新しい機能やミドルウェアのセキュリティアップデートが開発、対応がされています。2018年12月にこのPHP7.3へのアップデートが行われました。KUSANAGIの最新版を利用いただければ、PHPは7.3となりますのでセキュリティサポート切れなどは全く気にしなくて良くなります。

PHP7.2というバージョンとPHP7.3でパフォーマンスを比較した際には、20%程パフォーマンスが向上したためさらなる高速化や効率化も実現できてしまいます。

(参考)PHP7.3、7.2、5.6性能比較

更に、日々のサーバー周りのアップデートやいわゆる保守(障害対応、常時監視、バックアップなど)についてもあわせてサポートできるプランもありますので、

「PHPのバージョンは大事だと分かっているんだけど、流石にここまで対応難しい」

という場合にはぜひご相談いただければと思います。

3.終わりに

今回はKUSANAGIのPHP7.3対応について書いてきました。

正直サイト運営の担当者様で「そこまで対応できない」というのがミドルウェアの部分です。今回はPHPでしたが、WordPressの環境であればWebサーバーであるApacheやNginxのバージョン、MariaDB(MySQL)のバージョンも同様に追っかけていき、更にコンテンツも日々更新し新しい施策を打っていくのは私も書いていてかなり大変だなあと思ってしまいます。

もし、そういった場合にはKUSANAGI環境でのトータルサポート、もしくは部分サポート(サーバーだけ、WordPressだけなど)を行っていますので、ご興味がある方はお問い合わせください!

ディーアイエスソリューション様は弊社のパートナーとして、Webサイトに関する課題のあるお客様の課題解決のためにKUSANAGIを提案させていただいております。

ご興味がありましたら、こちらから詳細をご確認ください。

まずはお話を聞かせていただけると幸いです!

それでは、また次回をお楽しみに!!

※プライム・ストラテジーのWordPress公式サポートについては以下をご覧ください。
https://www.si-jirei.jp/kusanagi/ ※KUSANAGIの事例については、下記をご覧ください。
https://www.prime-strategy.co.jp/achievements/achievements-service/kusanagi_cases/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related post

更新情報

最新コラム

  1. はじめに 東京オリンピック・パラリンピック開幕まであと1年を切りました。来年の今頃は日本中…
  2. 皆さん、こんにちは。マイクロソフトクラウド担当の安井です。 早いもので、前回のコラムでOff…
  3. ディーアイエスソリューション株式会社にて保守チームに在席している西久保と申します。 今回から…

ログインステータス

Return Top