Webサイトの災害対策(BCP/BCM)のページを公開しました。

Print Friendly, PDF & Email

Webサイトの災害対策(BCP/BCM)のページを公開しました。

###

企業にとっては災害の対応状況や社員及びその家族への情報発信などの必要があります。また官公庁、学校については災害の対応状況や避難場所などの情報発信などの必要があり、災害対策(BCP対策)のアイテムとしてWebサイトの継続性がとても重要になってきています。

災害時Webサイトへのアクセスは通常の数倍、数十倍、時には数百倍のアクセスがある場合があり、そのような急激なアクセス増加にも耐えられなければいけません。しかし一方、平常時は全く使用しないサイトでもあるため、平常時は通常のアクセス量に応じた環境で低コストで運営し、災害時に急激なアクセス増にも耐えられるシステム構成が必要になります。この構成については後述することにいたします。このページではWebサイトの災害対策(BCP対策)について基本的な考え方をまずご紹介します。

(この続きは以下をご覧ください)
https://www.si-jirei.jp/bcp_bcm_dr/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related post

更新情報

最新コラム

  1. こんにちは!クラウドビジネス担当の三島です。今回のOffice365徹底活用コラムではPowerA…
  2. はじめに 間もなく2019年度が始まります。出会いと別れのこの季節、新入社員向けの端末や組…
  3. ワークスタイルの変革コラム第33回「ビジネスチャット導入時にはお作法も改めるべき」 こんにち…

ログインステータス

Return Top