三島正裕のOffice365コラム「GPSで楽々入力!?PowerAppsで業務記録アプリを作成する」

こんにちは!クラウドビジネス担当の三島です。Office365徹底活用コラムということで、今回はスマートフォンのGPSを活用したアプリケーションについて紹介をさせて頂きたいと思います。

スマートフォンでGPSを利用する機会はとても多いですよね。道案内や距離計算、最近では業務記録やマーケティングにも利用されたりしています。もちろんOffice365でもGPSを使ったアプリケーションは作成可能で、中でも一番手軽に作成出来るアプリケーションがPowerAppsではないでしょうか。PowerAppsにはGPSに接続するための機能が標準で搭載されていて、スマートフォンで測定した緯度や経度、高度の情報をリアルタイムに取得することが出来ます。

GPSを使ったアプリケーション作成というと難易度が高そうなイメージがありますが、PowerAppsを使うと意外にも簡単に作成出来ることや、取得したGPS情報の利用のしやすさにも気付けると思います。今回はぜひ皆様にもそれを体感して頂きたいと思いますので、簡単な業務記録アプリケーションを作成しながら解説をしていきたいと思います。

1.業務記録アプリケーションについて

今回作成するアプリケーションは外出先で業務記録をとるためのスマートフォンアプリです。外出先では様々な場面でメモをとりますよね。お客様先で得た情報や移動中にかかってきた電話、仕事によっては検針や測量、人数などの数値情報を記録することもありますよね。その時々でGPS情報が取得出来ていると便利な場面は色々とあります。例えばお客様先でメモをとるときに、お客様名が予め表示された状態でメモがとれたら入力も楽ですよね。検針や測量もGPS情報とセットで記録出来れば効率よく作業が出来る場合がありますよね。今回作成する業務記録アプリケーションでは、こうしたGPS情報を活用して、効率化を図ってみたいと思います。データソースはSharePointのカスタムリスト。アプリケーション本体はPowerAppsを使用して作成します。

2.データを記録するカスタムリストを作成する

最初に、SharePointを起動してカスタムリストを作成します。カスタムリストは下記の通り作成をして下さい。

カスタムリストの作成については、Office365徹底活用編(第2回)で説明させて頂いておりますので下記リンク先を参考にして下さいね。

https://www.si-jirei.jp/2018/05/31/office365%E3%82%B3%E3%83%A9%E3%83%A0-2/

3.PowerAppsアプリを作成する

PowerAppsを起動してアプリケーションを作成します。「アプリ」メニューから「+アプリの作成」を選択して「Canvas」を選びます。今回はSharePointで作成したリストからアプリケーションを作成しますので、「SharePoint」の「携帯電話レイアウト」を選択します。「SharePointサイトに接続」画面で先程作成したカスタムリストのサイトURLを入力し、「一覧の選択」からリスト名を選択して「接続」ボタンを押します。するとアプリのビルドが開始されますので、完了するまで待ちます。

アプリのビルドが完了すると、下図のように「一覧」、「表示」、「編集」の3画面が自動的に作成されています。画面遷移や保存、削除などの基本操作のパラメータも一通り設定された状態から始められますので、データの作成や更新をするだけのアプリケーションとしてなら、そのまま使うことも出来ます。「アプリ名」は任意に設定して保存して下さい。このコラムでは「GPSアプリ」と設定しています。

4.GPSデータを取得する

作成したアプリケーションからGPSデータを取得してみます。編集画面の「EditScreen1」を開いて「Latitude」と「Longitude」のパラメータ「Default」に、下図のとおりIF文条件式をセットします。

条件式を入力すると、すぐにGPSデータの値がセットされることがわかります。今回は緯度と経度を取得していますが、GPS用の関数には高度を取得するものも用意されています。

◇PowerAppsで用意されているGPS用の関数

・Location.Altitude  : 海抜で測った高度 (フィート) を示す数値を返します。

・Location.Latitude  : 緯度を返します。(-90 ~ 90)

・Location.Longitude : 経度を返します。(0 ~ 180)

5.地図サービス(Bing Map)と連携する

GPSから緯度、経度が取得出来たら、今度は地図に位置情報を表示させてみましょう。地図サービスは「Bing Map」を利用します。「Bing Map」をPowerAppsアプリで使用するためにはKEYを取得する必要があります。「Bing Map」のポータルサイト(https://www.bingmapsportal.com/)へマイクロソフトアカウントでサインインして、「MY account」の中の「My Key」に表示されるKEYをメモします。

PowerAppsアプリから「ビュー」、「データソース」を選択して「+新しい接続」から「Bing Map」を選択します。API KEYの入力が求められますので、先程控えたKEYを入力して「作成」ボタンを押します。これで「Bing Map」を使用する準備が整いました。

6.アプリにBing Mapを配置する

アプリケーションにBing Mapを配置するには、下図のように設定します。地図は「メディア」から「画像」を選択して任意の場所に配置します。このコラムでは表示画面(DetailScreen1)上に配置しています。配置した画像を地図情報として表示するには、関数「BingMaps.GetMap」を使用します。Image1のImageパラメータの設定方法については下図にまとめておりますので、まずは記載されている通りに入力をしてみて下さい。

上記例では、画像は道路マップ:Roadを指定(その他にも「航空写真:aerial」なども指定出来ます)、ズームレベルは1~21まで指定出来ます。緯度や経度はフォームのデータカードのText値を参照しています。プッシュピンについては137種類ものアイコンスタイルが用意されており、アイコンの内容を確認したい場合はこちら(https://msdn.microsoft.com/en-us/library/ff701719.aspx)をご確認下さい。

7.GPSで取得した現在地情報から登録した場所情報を絞り込む

今度は、あらかじめ登録しておいた「場所」のリストから場所名を選択して登録出来るようにしたいと思います。お客様先でメモを取るときなど、アプリケーションを起動したら、すぐにお客様の名前が表示されたりすると入力作業も楽ですよね。

今回作成したリスト「list_GPSMemo」には、どこでメモを入力したのかを登録する「Place」という列を設けています。アプリケーションを作成した時点では手動で入力をするようになっているのですが、せっかくGPS情報を取得しているのですから、この情報をもとに、現在地に近い場所を表示させて入力出来るようにしてみたいと思います。

最初に、「場所」のリストを作成します。リストは下図のように作成して下さい。

「list_Place」には下図のように場所名(タイトル)と緯度、経度を登録しています。コラムでは当社の最寄りの施設を登録しておりますが、皆様が作成されるリストでは、お近くの有名スポットなどを登録してみてください。緯度と経度の値は、「Bing Map」で確認をすることが出来ます。データの登録が終わりましたらリストをアプリケーションに接続します。

 

アプリケーションは下図のように設定します。スクリーンは編集用の「EditScreen1」を使用します。場所を登録する「Place」にはドロップダウンで選択された値がセットされるように設定します。ドロップダウンにはスライダー「Slider1」で設定された検索範囲の中に含まれる場所のみがセットされるようフィルタリングをしております。緯度と経度から正確に距離を計算しようとすると、非常に複雑な計算式が必要になりますが、今回は場所を絞り込むだけですので、「1mあたりの緯度経度」を使用した簡易な式を使用しております。そのため、場所によっては近くの場所より遠くの場所が先にセットされるケースもあるのですが、そこはどうかご了承下さい。「Slider1」の最小値は100、最大値は3000と設定しておりますので、自分を中心に100㎡から3k㎡までの範囲で絞り込むことが可能となっております。「Label1」には「Slider1」の値を表示させています。

実際にスライダー「Slider1」を右にスライドしていくと、下図のようにドロップダウンの中身が増えていくのがわかるかと思います。

8.おわりに

最後に、各画面のコンテンツの位置や大きさ、文字などを調整頂ければ完成です。参考までに完成イメージを下に貼り付けておきますので、試される方は参考にして下さいね。

今回はスマートフォンのGPS機能をつかったアプリケーションをとりあげてみましたが、如何だったでしょうか。片手で入力をする機会の多いスマートフォンアプリで大切なことは「利用者に如何に少ない操作で入力をしてもらうか」だと思うのですが、今回のようにGPS情報を使えば、少しだけでも入力の手間は減らすことが出来ますよね。ぜひみなさんも「GPSを使ったアプリケーション」にトライしてみて下さいね。それでは次回もお楽しみに。

※PowerAppsについては以下のページをご覧ください。

Office365 PowerApps

Related post

更新情報

最新コラム

  1. こんにちは。吉政創成の吉政でございます。 Windows Server 2008が2020 年1月…
  2. こんにちは。ディーアイエスソリューションの向坊です。今回のコラムのテーマは「RPAが得意とする業務」…
  3. こんにちは。吉政創成の吉政でございます。今日は「BCP対策やバックアップシステムの投資規模を決める基…

ログインステータス

You are not logged in.
Return Top