いよいよ、Microsoft Azure本格普及へ。3年後にAWSのシェアを抜くデータを解説

こんにちは。吉政創成の吉政でございます。

クラウドの市場データを追いかけている方は、そろそろ気が付き始めていると思いますが、AWSの市場シェアの勢いが落ち着き、Microsoft Azureの市場シェアが急激に伸び始めました。

まずは、最新のガートナーのデータをご覧ください。

Worldwide IaaS Public Cloud Services Market Share, 2016-2017 (Millions of U.S. Dollars)

Company 2017

Revenue

2017 Market

Share (%)

2016

Revenue

2016 Market Share (%) 2017-2016 Growth (%)
Amazon 12,221 51.8 9,775 53.7 25.0
Microsoft 3,130 13.3 1,579 8.7 98.2
Alibaba 1,091 4.6 670 3.7 62.7
Google 780 3.3 500 2.7 56.0
IBM 457 1.9 297 1.6 53.9
Others 5,902 25.0 5,392 29.6 9.5
Total 23,580 100.0 18,213 100.0 29.5

Source: Gartner (August 2018)

引用:Gartner Says Worldwide IaaS Public Cloud Services Market Grew 29.5 Percent in 2017

https://www.gartner.com/newsroom/id/3884500

現在のシェアはAWSが51.8%でトップシェアです。2位がMicrosoft Azureで13.3%です。大差がついているように見えますが、重要なのはそこではありません。見ていただきたいのは、AWSとMicrosoft Azureの成長率です。AWSの成長率が25%に対して、Microsoft Azureは98%の成長率になっています。今回の市場データで初めてAWSが市場の成長率を下回りました。市場全体の成長率が29.5%に対して、AWSが25%なのです。AWSの成長率は年々下降しています。Microsoft Azureは年々上昇し、ついに、成長率98%となりました。前年比二倍になったということです。

もし、2016-2017の成長率を維持した場合、3年後の2020年にはMicrosoft AzureはAWSを売り上げシェアで逆転することになります。

 

2016-2017成長率 2017 2018 2019 2020
AWS 25% 12,221 15,276 19,095 23,869
Microsoft Azure 98% 3,130 6,197 12,271 24,296

 

この仮説はガートナーの仮設ではありません。私個人の仮説になります。

2016-2017成長率を今後も維持していく保証はどこにもありません。しかしながら、Microsoft Azureの成長率は年々向上しており、AWSの成長率は年々減少しています。このことから推測すると、私個人の仮説は、2020年よりも前にシェアが逆転する可能性があることすら含みます。

さて、このグラフを見るとマイクロソフトのAWSを2020年までに抜く宣言を思い出します。まさに有言実行になりそうな勢いです。

日本マイクロソフト、新たな目標はクラウド市場首位

http://ascii.jp/elem/000/001/546/1546676/

マイクロソフトは広範囲なパートナーシップが基本の戦略であり、Amazonは強いパートナーとのみ組む集中型の戦略を展開しています。大型の顧客単価が高いソリューションで展開する場合、集中型の戦略がうまくいくことが多いですが、クラウドは顧客単価が減少していくインフラ的な市場であるため、広範囲なパートナーシップが有利です。更にマイクロソフトはクラウド上のキラーをリューションを大量に持っています。

そして、技術力の差は必ず挽回すると思いますよ。マイクロソフトは昔からアーリーステージではOSの技術力でAppleやノベルの後塵を拝し、ブラウザではNetScapeの後塵を拝していました。そこからあっという間に、技術力、戦略、営業力で抜き去り常にトップに立ってきた会社です。今回もあやはり来たかという感じでグラフを見ています。

ここで、これからクラウドを導入しようとしているお客様にご提案があります。クラウドを導入する際のベンダー選択はソリューションが豊富な会社でセキュリティにも強い会社がいいですよ。ソリューションが豊富というのはそれだけその会社が力を入れている証拠になりますし、技術者が多いことの表れでもあります。またクラウド上に大事なデータを置くことになるため、セキュリティは万全でなくてはいけません。

この二点から、是非ともディーアイエスソリューションのMicrosoft Azureソリューションとセキュリティソリューションを見ていただきたいです。かなり豊富なラインナップと実績を持っています。興味がある方は以下のリンクをご覧ください。

DSol Microsoftクラウド・サービスラインアップ

https://www.si-jirei.jp/microsoft/

DSolセキュリティ・ソリューション

https://www.si-jirei.jp/secure/

 

 

 

Related post

更新情報

最新コラム

  1. こんにちは。吉政創成の吉政でございます。 Windows Server 2008が2020 年1月…
  2. こんにちは。ディーアイエスソリューションの向坊です。今回のコラムのテーマは「RPAが得意とする業務」…
  3. こんにちは。吉政創成の吉政でございます。今日は「BCP対策やバックアップシステムの投資規模を決める基…

ログインステータス

You are not logged in.
Return Top