三島正裕のOffice365コラム「PowerAppsで画像認識!?スマートフォンを活用した働き方改革」

こんにちは!クラウドビジネス担当の三島です。Office365徹底活用コラムということで、今回はスマートフォンのカメラや画像認識AIを使ったアプリについてお話をさせて頂きたいと思います。
ビジネスの場でも利用される機会が増えてきたスマートフォンのカメラですが、Office365でもPowerAppsを使えばカメラと連携したアプリを作成することが出来ます。作業前後の記録や資料の撮影、状況報告や調査記録など、カメラをビジネスで利用するシーンは沢山あるのですが、便利な反面、意外と苦労させられるのが写真の管理ではないでしょうか。
ビジネスで利用する写真には、誰が、いつ、何の目的で撮影したのか、その写真に関する情報もセットで管理をする必要があります。これを手作業で行うのは、枚数が多くなればなるほど大変な作業となります。ですが、写真も情報も撮影した瞬間に同じ場所に保存され、しかも整理まで行ってくれるアプリがあればどうでしょう?便利になると思いませんか?こうした写真を管理する市販のアプリやサービスは、調べてみると沢山出てくるのですが、簡単なものであればOffice365を使えば意外にもあっさりと作れてしまいます。今回はPowerAppsとExcelを使った簡単な写真管理アプリの作り方を紹介させて頂きます。

1.写真を管理するためのExcelファイルを用意する

最初に写真を管理するためのExcelファイルを用意します。Excelはテーブルの形式で作成します。テーブル名は任意で問題ありませんが、今回は「camera」と設定しておきます。テーブルの項目は下図を参考に作成して下さい。PowerApps側で作業がしやすいよう、今回サンプルとして1件データを入れておりますので、最初は同じように値をセットしてみて下さい。
◇サンプルデータ
Image [image]:.\camera_images\Sample1.jpg
__PowerAppsId__:1 ※前後にアンダーバーが2つずつ
Comment:サラダの写真 ※任意
「Image [image]」には写真の保存先、「Comment」にはアプリ側で入力したコメントがセットされます。「__PowerAppsId__」はアプリ側から写真が保存されると一意のIDが自動的に割り当てられますので、サンプルデータの場合は任意の値で問題ありません。

写真の保存先はOneDriveを使用します。任意の名前でフォルダを作成し、その中に先程作成したExcelファイルを置きます。更にExcelファイルと同じ場所に写真を保存するフォルダ「camera_images」を作成します。フォルダの中には「Sample1.jpg」という名前で、任意のサンプル画像ファイルを置いて下さい。

2.PowerAppsでアプリを作成する

PowerAppsを開いてアプリを作成します。今回はスマートフォンのカメラを使用しますので、「新規」画面から「携帯電話レイアウト」を選択してください。続いて「アプリの設定」画面から任意の名前でアプリ名を入力し、アイコンを設定します。設定が完了したら「保存」画面で保存をします。
3.データソースを追加する

OneDriveに保存したExcelファイルをPowerAppsのデータソースとして追加します。「ビュー」の「データソース」ボタンから「データソースの追加」を選択しOneDriveを選択。保存したExcelファイルを選択するとテーブル名「camera」が表示されますので、チェックボックスにチェックを入れて「接続」ボタンを押します。

4.撮影画面を作成する

画面Screen1に撮影画面を作成します。「挿入」ボタンから配置する各コントロールについては下図を参考にして下さい。各コントロールに設定する主なパラメータについて記載しております。コントロールの位置、サイズについては任意に変更してください。なお、カメラ(Camera1)についてはサイズを指定して配置するだけでOKです。

Button1のパラメータにセットしたPatch関数はデータソースに対してデータを追加します。実行されると、データソース「camera」に対してTextInput1に入力されたコメントとImage1に表示された画像の保存先となるURL、その画像がデータソースで一意となるように自動生成されたID(__PowerAppsId__)がセットで保存されます。
設定が完了した後、Gallery1に写真が表示されない場合は、Excelファイルの設定に誤りがある可能性があります。項目名が合っているか、パス情報に誤りがないかをご確認下さい。

Print Friendly, PDF & Email
Pages:

1

2

Related post

更新情報

更新情報

ログインステータス

Return Top