Googleの検索順位は「Contents is KING」と3つのツールでチェックすればOK

Print Friendly, PDF & Email

こんにちは。吉政創成の吉政でございます。今日は「Googleの検索順位は「Contents is KING」と3つのツールでチェックすればOK」という内容で書きます。

いろいろなことをいろいろなコンサルタントや見識者が解説しています。

それらの多くの内容は正しいと思いますが、私はもっとシンプルなものだと思っています。

Googleは各コンテンツの検索順位を決める際に「検索者が欲しい情報を上位に掲載したい」という基準を最上位に掲げ、順位を決めていると思うのです。

例えば、「吉政忠志」(私の名前です)というキーワードで検索上位に掲載しようとした場合、Googleは「吉政忠志」を一番的確に説明しているコンテンツを一番上に掲載します。

実際に「吉政忠志」で検索するとWikipediaの記事が掲載されます。Wikipediaの記事は私の仕事内容や家族構成など客観的な内容が網羅的に書かれています。それ故に一番上に掲載されているのだと思います。

一方で、ある会社があるキーワードで上位に入れようとした場合、その上位より良いコンテンツにしなければ、基本的に上位には入りません。小手先の技や裏技を使って上位に入れようとしてもGoogleは全て見破り軽くペナルティを課してきます。

業者が提案してくる美味しい話は基本的には上記のGoogleの考えと行動に反するものであり、見破られるはずです。

ちょっと脱線しますが、今、IT業界では、AIやRPAが流行っています。GoogleはWeb閲覧者がどのようなページをどの検索ワードで見つけて、どれくらい滞在しているかなどを分析して、良いコンテンツに加点していますが、今後ロボット閲覧者による架空の閲覧がはやるかもしれません。その様なことも必ず見破って、ペナルティを課すはずです。

そんなイタチごっこにお金と時間をかけるより、良いコンテンツを作り続けたほうがいいです。今ビッグワードで一位になっているページも時間がたてば古くなります。常に良いコンテンツを更新し続けるところは香菜ら次評価され順位が上がるはずです。これを実現する行動はまさにGoogleが掲げる「Contenst is KING」なのだと思います。

さて、Googleが求めるようないいコンテンツを作っても基本的なことができていないといけません。そこで、是非チェックいただきたい、Googleガイドライン的なGoogleのツールを3つ紹介します。

Googleモバイルフレンドリーツール
https://support.google.com/webmasters/answer/6352293?hl=ja

世の中ではパソコンよりスマホのほうは出荷台数が多く、世の中の主流はスマホになります。スマホで見やすい画面になっているかが重要で、そのチェックツールがこれです。

Google Test my site
https://testmysite.withgoogle.com/intl/ja-jp

続いて表示速度チェックツールです。表示速度が遅いと使いにくいサイトになってしまうので、Googleは高速化も要求しています。一方でコンテンツを強化すればするほど、Webサイトが重くなるため、サイトの高速化が必要です。サイトが重くて、クラウドスペックを上げてもどうにもならないという方は、アプリケーションやコンテンツを修正せずに超高速化を実現できる「KUSANAGI」をお勧めします。詳しくは以下に記載さ入れていますので、そちらをご覧ください。

KUSANAGIについて
https://www.si-jirei.jp/kusanagi/

Google Search Console
https://www.google.com/webmasters/tools/home?hl=ja

3つ目に紹介するのは「Google Search Console」です。「Google Search Console」は業者いらずといわれた協力なツールです。何がいけないか大概はここで見つけられます。はっきり言いますけど、「Google Search Console」の結果を否定する業者は持っている情報が古いか、いい加減な業者か、「Google Search Console」の指摘に対応できない技術力の無い業者のいずれかです。Googleの検索順位の向上を狙う人はGoogleのツールに聞けです。

最後に、いかがでしょうか?少しでも参考になることろがあれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related post

更新情報

最新コラム

  1. こんにちは。吉政創成の吉政でございます。 東京オリンピックの招致が決まった時に、東京オリンピ…
  2. はじめに 東京オリンピック・パラリンピック開幕まであと1年を切りました。来年の今頃は日本中…
  3. 皆さん、こんにちは。マイクロソフトクラウド担当の安井です。 早いもので、前回のコラムでOff…

ログインステータス

Return Top