「働き方改革とRPA事例。なぜRPAはいきなり成功しやすいのか」

こんにちは。吉政創成の吉政でございます。今日は「働き方改革とRPA」というタイトルで書きます。

政府主導の働き方改革として企業がなすべきことは、一言でいうと「労働時間の短縮とそれ以上の効率化によって生産力(ビジネス力)を向上させるです。

多くの企業は政府主導の働き方改革の話が出る前から、企業努力をしており、業務はかなり効率化されています。一方で様々な企業のビジネスコンサルタントをしている私の経験で話をすれば、完ぺきに効率化されていると思われる業務も実は見方を変えると意外な改善点が見つかったりするものです。ただ、社内の方々はこの新しい見方が、諸事情により実現できないと、企業文化としての常識で思い込んでいるだけだったりします。

このような時にある意味外圧とその達成手段として現れたのが「働き方改革」という外圧と「RPA」という手段です。もちろん、働き方改革実現の手段としてRPA以外にも有効な手段としてはほかにもあります。しかし、業務を自動化するRPAはロボットといわれる業務を自動的に実施するソフトウェアが、人間より正確かつ迅速に業務を実行できるので、社員の労働時間をダイレクトに削減でき、かつ生産性を維持できるので、働き方改革の実現手段としてはかなり有効になります。

しかも様々な事例を見ていると、RPAは成功事例が多い分野であるので、今検討するのはお勧めです。IT業界でありがちなのは、新しい画期的なソリューションが注目され、アーリーアダプターの企業が飛びついて失敗事例の山を気付きあげるようなことはよくあります。少し前のマーケティングオートメーションがそうでした。新しいソリューションを魔法の箱として信じ込むと痛い目に合うということだと思います。しかしながら、RPAの場合は、すでに人間が実施している業務を自動化するソリューションなので、プロセスとしては実行済の内容になります。しかもAI技術が搭載されていることが多いため、ロボットが学習して精度を上げていくため、より成功しやすいのです。また、市場を見るといきなり全面導入でなく、部門導入から始まっているのも成功の理由になります。RPAは人間の業務の置き換えなので、部門ごとに導入しやすいのです。RPAを検討されている方もまずは部門導入から検討されるのがお勧めです。

さて、このコラムを掲載いただいているディーアイエスソリューション SI事例サイトでもRPAソリューションケースを掲載いただいています。RPAは事例を見るのが検討段階においては重要です。

RPAソリューションケース「アパレルメーカー」

RPAの採用により、日常の販売・出荷処理をRPAで自動化することにより繁忙期の負担を大幅に軽減し、繁忙期にコア業務に注力でき業績貢献を実現しています。
興味がある方は事例集を以下よりダウンロードください。

https://www.si-jirei.jp/2018/06/21/rpaソリューションケース「アパレルメーカー」を/

また、ディーアイエスソリューションはRPA特設ページをご用意しています。興味がある方は以下もご覧ください。
https://www.si-jirei.jp/rpa/

Related post

更新情報

最新コラム

  1. みなさん、こんにちは! プライム・ストラテジーでコンサルタントをしております、穂苅 智哉 (ほ…
  2. はじめに 今月発生しました豪雨災害により被災された皆さまに心よりお見舞いを申し上げます。私の郷里で…
  3. 先日、日本マイクロソフト様との合同イベント「Microsoftオフィス体感セミナー!」を開催致しまし…

ログインステータス

You are not logged in.
Return Top