2018年公開!WordPressの新エディタ『グーテンベルク』を使う(穂苅智哉のKUSANAGI高速セキュリティコラム)

    みなさん、こんにちは!

    プライム・ストラテジーでコンサルタントをしております、穂苅 智哉 (ほかり ともや) です。

    プライム・ストラテジーは、WordPressを使ったシステムインテグレーションとしてWebサイト構築、クラウドインテグレーション事業として各種セキュリティ対策のバージョンアップやパブリッククラウド選定、またその後の継続的なWordPressとサーバー保守作業としてKUSANAGIサポートサービスを展開しております。

    前回は、意外と知らないWordPressのライセンスについて書いてきました。ライセンスは普段使っているとあまり意識しないと思いますが、実はしっかり決まっていてその範囲内で開発がされていたり使用がされていたりしています。
    まだ見ていない方はぜひ御覧ください。
    https://www.si-jirei.jp/2018/02/25/wordpress%E3%82%B3%E3%83%A9%E3%83%A0/

    さて今回は、2018年にWordPressにとって大きな話題となる『WordPress 5.0』へのアップデート。その目玉の一つである、新エディタ『Gutenberg (グーテンベルグ)についてです。

    WordPress 5.0 と新エディタ『Gutenberg』

    現在、WordPress 5.0の開発状況はこちらから確認できます。まだ40%程度。
    https://core.trac.wordpress.org/milestone/5.0

    しかし、新エディタ『Gutenberg (グーテンベルグ)』については、wordpress.orgの以下ページにてプラグインとして公開されています。
    https://wordpress.org/plugins/gutenberg/
    まだ、ベータ版ではありますがどんどん開発が進んでいるものを先んじて使ってみると良いと思います。

    グーテンベルクといえば、活版印刷技術の発明者としても有名なヨハネス・グーテンベルクを思い浮かべます。もちろん命名はここからだそうです。(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A8%E3%83%8F%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%B0%E3%83%BC%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%AF)
    WordPress.ORGにもグーテンベルク用のページが用意されておりますので、ご確認ください。
    『Introducing a new way to WordPress』( https://wordpress.org/gutenberg/ )
    こちらをみると、
    The Gutenberg editor uses blocks to create all types of content, replacing a half-dozen inconsistent ways of customizing WordPress, bringing it in line with modern coding standards, and aligning with open web initiatives.
    グーテンベルクは、ブロックを組合せていくことでコンテンツを作成していくような思想で作成しているということです。そしてそれが、コードを必要としない誰でもが操作できる管理画面を実現していくことになるということです。
    操作感

    今までの投稿画面と比較すると、触ってみても『ブロック』という概念が強く打ち出されており、タイトル、本文、見出しタグ、画像、動画などなどを1ブロックごとに埋め込んでいくイメージです。

    画像は、Gutenbergの実際の投稿画面です。各ブロックごとに要素の選択をしていく操作になっています。

    また、各ブロックは自由に順番の入れ替わりができ、より柔軟性が増しています。ブロックごとに編集を行うため、カラム設定やブロックの上下関係の変更などもCSSなどのレイアウトのことを考えず、コンテンツを作りながら行うことができます。ブロックの背景色を変えたり、フォントのサイズや色も出来上がりイメージのままで編集が可能です。 正直まだ慣れていないというところが大きく、使いにくいかも。というのが第一印象でした。

    プレビューで見てみるとこんな感じになります。
    タイトルで1ブロック、見出しごとに1ブロック、本文で1ブロック、ギャラリーで1ブロックというような感じです。

    これによって、WordPressの操作感がかなり変わるなと思いました。最初は慣れの問題があるかもしれませんが、WordPress 5.0がリリースされたら有効活用して使っていきたいエディタです。
    従来のエディタでも引き続き編集は可能で、選べるようになるとのことですので、ご安心ください。しかしながら個人的には新しいGutenbergをおすすめしたいです。

    それでは、また次回をお楽しみに!!

    ※プライム・ストラテジーのWordPress公式サポートについては以下をご覧ください。
    https://www.si-jirei.jp/kusanagi/

    ※KUSANAGIの事例については、下記をご覧ください。
    https://www.prime-strategy.co.jp/achievements/achievements-service/kusanagi_cases/

    Print Friendly, PDF & Email

    Related post

    更新情報

    更新情報

    ログインステータス

    Return Top