ワークスタイルの変革コラム第21回「残業を減らして売り上げを伸ばすにはIT活用とワークスタイルの変革しかない」

こんにちは。吉政創成の吉政でございます。今日は「残業を減らして売り上げを伸ばすにはIT活用とワークスタイルの変革しかない」というタイトルで書きます。

時事ニュースをウォッチしている方はご存知だと思いますが、政府は本気で企業の残業代を減らそうとしています。個人的に思うのは今の政府の方針は大手企業の収益が上がる戦略なので、このままいけば貧富の差が広がり、政府の支持率が落ちるため、大手企業を中心に残業を減らさせ、外注を増やし、中堅規模以下の企業にも利潤を回したい、そしてITの活用により全体の設備投資を増やし、景気をさらに伸ばすような戦略だと思っています。

この考えが正しいかどうかわかりません。しかし、残業時間を減らされるのは間違いないと思います。弊社が担当している大手企業でも残業することが罰則クラスの悪事のような雰囲気があり、企業も本気で残業時間を減らそうとしているのがひしひしと伝わってきています。

残業時間が減ったとしても企業は売り上げを減らすことを良しとしません。社長や上司は労働効率を上げて残業時間の削減と収益増加を指示しているはずです。

この状態で、上司が檄を飛ばそうが、何をしようが、社員の気合で長く効果は続きません。労働効率の向上と収益増加は仕組みを変えるしか長期的には実現できません。何故なら人間は疲れるからです。

さて、弊社のような小さな会社が少し前にお客様先とのテレビ会議による会議を採用しました。今まで訪問する往復の時間が非生産時間として、毎回の会議の前後合計2時間発生していました。この2時間は労働コストとして存在していますが、お客様には請求できない、収益悪化の根源でした。テレビ会議導入によりこの日収益時間がゼロになり、労働時間の大半が収益を生む時間になりました。これは大きな変革でした。小さな例ですが、ITを活用し、仕事のやり方を変えることで労働効率の向上と収益向上が実現できました。

他の例を想定してみると、労働効率の向上は非収益時間の減少が重要であり、そのためにはモバイルワークが重要ですよね。これは多くのお客様が分かっていることだと思います。でも、モバイルワークの導入はセキュリティの強化が必須になり、それはやればやるほど、パスワード管理など面倒なことが増えてしまうことになりますよね。このコラムでお勧めしたいのはMicrosoft 365のようなセキュリティセットなソリューションです。

単純に考えて、サービスとセキュリティソリューションを別々に導入するから、面倒な作業負担が増えるのだと思います。セットソリューションの場合は双方の親和性が高いので面倒な作業負担が少ないのです。これはとても重要なことだと思います。

さて、Microsoft 365は一言で言うと以下になります。

Microsoft 365とは?

以下製品がバンドルされている為、個別に組み合わせて管理する必要がありません。

この図を見ただけで、面倒くささがなさそうですよね。

このコラムを読まれて、共感された方は2017年11月リリースとなったMicrosoft 365をチェックしてみてください。

Microsoft 365の詳細ページへ

Microsoft 365

Related post

更新情報

最新コラム

  1. こんにちは!クラウドビジネス担当の三島です。Office365徹底活用コラム6回目ということで、今回…
  2. はじめに 東京オリンピック・パラリンピックイヤーである2020年まであと18か月となりました。この…
  3. こんにちは!クラウドビジネス担当の三島です。Office365徹底活用コラムということで、今回はスマ…

ログインステータス

You are not logged in.
Return Top