「業務改善へのミチノリ」 コラム 第12回「情報システム部門は非生産的」な考えを撲滅!(3) ~シスコシステムズの新ネットワークソリューション構想~

はじめに
「業務改善へのミチノリ」コラムを書かせていただいています、橋川 吾教(ミチノリ)です。
あっという間に今年も終わりが近づいて参りました。『情報システム部門は非生産的な考えを撲滅』も今回がシリーズ最終回となります。前々回は、情報システム部門於ける課題について、前回はそれを改善するシスコシステムズの新しいネットワークソリューション構想についてご説明させていただきました。今回はそのソリューションがどのように提供されていくのか?についてご説明させていただきます。

まず、現在の機器提供形態から見てみましょう。シスコシステムズのハードウェアにはIOS(パソコンで言うOS)を搭載しており、それには

・IP Services(松)
・IP Base   (竹)
・Lan Base   (梅)

というランク分けがあります。IOSの費用は本体価格に内包されているため『高価な機器を購入すること』=『高性能なIOSを購入すること(それだけ性能・可用性が高い)』 ということになりますが、実は『同じランクのIOS同士の機器でないと組み合わせてわせて使えない』という問題がありました。「SMARTnet」や「SMART Foundation」といった保守がありますが、それらはハードウェアの性能を劇的に改善できるものではなく、あくまでハードウェア保守・機能改善・バージョンアップ権利を担保するものです。この提供形態では、ハードウェアを最初に購入した時点で、機器の性能と将来の可用性がほぼ確定してしまうということになります。

この問題を解決するべく、新たな機能を提供する形態として『サブスクリプション』という提供形態が新たに加わります。では『サブスクリプション』とは何でしょうか?

・サブスクリプション
→『特定商品の売買』ではなく、『特定期間の使用権』 を売買(=契約)する方式のこと。

つまり、利用者が欲しい機能だけを選択して(※1)サブスクリプションとして契約することが可能になるのです。また、後付けでサブスクリプション契約を追加することが可能ですので、ハードウェアの可用性を継続的に高めていくことも可能になるのです。※1.複数のサブスクリプションがパッケージになった『Cisco One』という契約を選択することも可能です。

■これまでの提供形態と新しい提供形態、「無駄な投資の抑制」と「可用性の向上」を両立している

また、これまでの松竹梅のIOS選択に代わって、2種類の『ネットワークパッケージ』から1種類を選択する必要がありますが、どちらを選択しても(機能差はありますが) 前回ご説明しました『DNA』のサブスクリプション契約が標準で内包されていますので、漏れなく日常的な業務効率化・改善に役立つのです。

「そんなこと言ったって、多少ハードウェアの可用性が高まって無駄な投資が減ったとしても、結局資産として『運用コスト』が掛かることには違いが無いんでしょ?」と思われた皆様、少々お待ちください。

ここで前半にご説明致しました『サブスクリプション契約』になった意味が効いてくるのです。この度ご紹介しました各種サブスクリプションのサービスは、『ソフトウェア利用権やサービスを受ける権利を”期間を定めて購入する”』契約となりますので、会計的にはソフトウェアサブスクリプションを『資産』ではなく『設備投資』(=経費)として計上することができるのです。

■サブスクリプションは『設備投資(=経費)』として計上できるので、会計処理上も『運用コスト』削減!

また、この度ご紹介しましたサブスクリプションサービスには

・最新バージョンへのアップグレード作業
・新機能・オプション機能の提供
・データ運用教育・テクニカルサポート、トレーニング

などが含まれますので、サブスクリプション契約期間内であれば、予想外のコスト発生も防ぐことができます。
情報システム部門のパフォーマンスを、機能面・運用面・会計面から劇的に改善させることができる新ネットワークソリューションとしてご検討いただけたら幸いです。

 

 

Related post

更新情報

最新コラム

  1. はじめに 前回のコラムに記載しましたが、現在、サイバー攻撃する側が分業されており、高度な攻撃を…
  2. 前回コラムでは、先月11/1にリリースされたMicrosoft365に関して、急きょご紹介をさせて頂…
  3. みなさん、こんにちは! もう今年も終わりに近づいてきましたね。 プライム・ストラテジーでは、…

最新事例

  1. 下記の通り、 Cisco Meraki導入事例「株式会社 陣屋 」を公開しました。ご興味がある方は下…
  2. アンチウイルス「Dr.Web」の導入事例「日本通運の運行管理システムで活用される約1万台のスマートフ…
  3. 某製造業「Web脆弱性診断サービスプレミアム / KUSANAGI採用事例」公開しました。 取…

ログインステータス

You are not logged in.
Return Top