Webサイトの「あー、もう!遅い!!」 原因と解消法 (穂苅智哉のKUSANAGI高速セキュリティコラム)

1.はじめに
みなさん、こんにちは!
最近はめっきり寒さが際立つ様になってきました。

プライム・ストラテジーでもWordCamp NYC へ出店してきたりと何かと慌ただしい日々を過ごしております。
(WordCamp NYC の話は別の機会に書きたいと思います。)

2.Webサイトのイライラ解消 3ポイント
いきなりですがここで、質問です。

スマートフォンやPCでWebサイトを閲覧する際、見たいサイトがなかなか表示されず、「あー、もう!遅い!!」っとイライラした経験はありませんでしょうか。

私自身、結構あります。自分の機嫌が悪い時には、見たかったはずのサイトなのに「2度と行くか!」という気持ちにすらなります。
今回は、その原因と対策を説明します。

では、なぜそんなことになるのでしょうか。

Webサイトを提供する場合、Webサーバーが必要になります。
みなさんがブラウザ(Google ChromeやSafariやEdgeなど)でWebサイトを見る際には、このWebサーバーにリクエストを送り、Webサーバーが返してきたレスポンスをブラウザが表示することで閲覧が可能になります。

「遅い!」の原因としては3つあると思います。

1つ目が通信の遅延。
これは、docomoやauやソフトバンクなどの電波が弱いところ(地方や地下など)や満員電車などで起こりやすい現象です。 これに関しては、次世代通信規格5Gや各通信業者のサービス拡充を待つしかありません。

2つ目がアプリケーション側の問題。
WordPressやRuby on Rails、Cake PHPなど、Webサイトを作るCMS、フレームワークはたくさんあります。
制作を担当する会社なり個人がコードを書いていき完成させるのですが、このコードの書き方が問題となって無駄な処理が多く発生している場合があります。
サーバーとアプリケーションの両方を原理原則から理解している制作会社は少ないです。
技術力の高い会社に依頼するなりという解決策がありますが、当然コストもその分かかってきます。
ITは特にベンダーとユーザーの知識ギャップが大きいので、発注側もなかなか難しいとは思いますが、制作段階で無駄な処理のないコードに仕上げるか、 もしくは運用後にコードチューニングをするかが必要になります。

3つ目はサーバー側の問題。
先程ブラウザからリクエストをWebサーバーに送り、Webサーバーが処理をしたものをレスポンスとして返してくれることでサイト閲覧ができるということを書きましたが、 この「Webサーバーの処理」が非常に遅くなっているがためにサイトが表示されないことが結構多いです。
これはエンジニアなど専門知識が多少なりともある方以外はあまり知らないことだと思います。
解決策としては、
・より高性能なサーバーを用意して対応する(利用料がその分上がります)
・サーバーの環境を最新、高速なものにする(最新のバージョンを使用する、KUSANAGIなどのパフォーマンスチューニングされた環境を利用するなど)
・キャッシュ(ページの画像やデザイン情報を一時保管し、次に同じページにアクセスしたときサッと表示してくれる)を有効活用する(Webサーバーのキャッシュや、CMSならプラグインのキャッシュを利用するなど)
・CDN (content delivery network) サーバーを使ってキャッシュをさせる(サーバー利用料が発生することがあります 有名なところでは、AWSのCloud Frontなど) があります。

上記どの分野から改善するかという判断はあると思いますが、サーバーから一新できるということでしたら、サーバーの見直しを、 サーバーはなかなか動かせないということでしたら、アプリケーションの見直しを することにより、閲覧する人が自分のサイトを見に来て、「あー、もう!遅い!」っとイライラする経験が減るのではと思います。

結果、UXの向上、PVの向上、サイト価値の向上に貢献できるので、どこから対策を取るかを考えてみるのがいいのではないでしょうか。

3.KUSANAGIの利用
サーバーから検討する場合は、KUSANAGIがおすすめです。
AWS、Microsoft Azure、GCPといった世界シェアのTOP3のクラウドサーバーをはじめ、10以上のプラットフォームでの採用をいただいており、
通常のLAMP環境比 数倍以上、最新版のミドルウェアや常時SSL化によるセキュリティの向上などが可能になる、利用無料の実行環境です。

企業様でサーバーの見直し+Webサイトの運用を考えている方は、弊社にご相談ください。

それでは、また次回お楽しみに!

※プライム・ストラテジーのWordPress公式サポートについては以下をご覧ください。
https://www.si-jirei.jp/kusanagi/

※KUSANAGIの事例については、下記をご覧ください。
https://www.prime-strategy.co.jp/achievements/achievements-service/kusanagi_cases/

Related post

更新情報

最新コラム

  1. こんにちは。吉政創成の吉政でございます。 クラウドの市場データを追いかけている方は、そろそろ気…
  2. はじめに 今月発生しました台風21号、北海道胆振東部地震により被害にあわれました方に心よりお見舞い…
  3. こんにちは。吉政創成の吉政でございます。今日は「広告に頼るWebサイト集客はやはり厳しい件。コンテン…

ログインステータス

You are not logged in.
Return Top