10/18大阪開催 第4回セキュリティ対策セミナー【次世代ファイアウォールによるセキュリティ対策と運用】

WannaCryの世界的感染で注目を浴びたように、サイバー攻撃の件数、そしてその被害はかつてないほどに増加しています。高度な標的型攻撃の対象の多くは中小企業ですが、当該規模の企業の多くは必要な多層防御セキュリティの導入の遅れていたり、運用面で課題を抱えていたりしています。本セミナーでは、次世代FireWallの最新機能をご説明し、その運用について実務的な視点からノウハウをご紹介いたします。ご興味がある方は下記をご覧の上、是非この機会にご参加賜りますよう、宜しくお願いいたします。それでは会場にてお会いできますことを楽しみにしております。

◆講演プログラム

講演1:『巧妙化するセキュリティの脅威とその対策について』
講演者: ディーアイエスソリューション株式会社 三浦 茂
講演内容:2017年5月のWannaCryの世界的感染で注目を浴びたように、サイバー攻撃の件数、そしてその被害額はかつてないほどに増加しています。その対策として、多層防御の重要性が認識されており、出入口対策として従来型のファイアウォールから、次世代型のファイアウォールに入れ替える企業も増えてまいりました。本セッションでは、最近のセキュリティインシデントの事例とその対策例をご紹介いたします。

講演2:『Cisco ASA with FirePOWER Services 1台で始める多層防御』
講演者: シスコシステムズ合同会社  セキュリティ事業
パートナーアカウントマネージャー 中島章二

講演内容:猛威を振るっているWannacry等、セキュリティの脅威が拡大しております。その対策としては、「いかにして侵入を防ぐか」だけでなく、万が一感染した場合、即座に状況を把握し、被害を極小化する仕組みづくりが重要です。ランサムウェアや標的型攻撃は大企業の問題だけではありません。実際にサイバー攻撃の被害を受けた企業の約 40% は従業員 500 名以下の組織となっています。複雑な手法を用いた攻撃を防ぐためには、多様な対策を組み合わせた「多層防御」が必要不可欠です。1台で多層防御が可能な、Cisco ASA with FirePOWER Servicesについてご説明させていただきます。


 

◆開催概要
日時 :2017年10月18日(水) 15:30~17:00 (開場14:30~)
会場 :シスコシステムズ合同会社 大阪オフィス
大阪府大阪市北区小松原町2-4 大阪富国生命ビル24F
(JR「大阪駅」・阪急「梅田駅」より徒歩約5分、阪神・御堂筋線「梅田駅」より徒歩約3分、谷町線「東梅田駅」より徒歩約1分)
https://goo.gl/maps/9zU4U9fJmmG2
費用  :無料[事前登録制]   定員:20名
対象  :企業の情報システム部門のご担当者様、システム運用のご担当者様
共催  :ディーアイエスソリューション株式会社、シスコシステムズ合同会社

◆お申し込み

下記リンク先よりお申し込みください。

 

 

 

◆お問い合わせ先
ディーアイエスソリューション株式会社 マーケティンググループ
email: dsol-ip-01@pc-daiwabo.co.jp
tel:06-6265-4300

Related post

更新情報

最新コラム

  1. はじめに 前回のコラムに記載しましたが、現在、サイバー攻撃する側が分業されており、高度な攻撃を…
  2. 前回コラムでは、先月11/1にリリースされたMicrosoft365に関して、急きょご紹介をさせて頂…
  3. みなさん、こんにちは! もう今年も終わりに近づいてきましたね。 プライム・ストラテジーでは、…

最新事例

  1. 下記の通り、 Cisco Meraki導入事例「株式会社 陣屋 」を公開しました。ご興味がある方は下…
  2. アンチウイルス「Dr.Web」の導入事例「日本通運の運行管理システムで活用される約1万台のスマートフ…
  3. 某製造業「Web脆弱性診断サービスプレミアム / KUSANAGI採用事例」公開しました。 取…

ログインステータス

You are not logged in.
Return Top