無線LAN構築&事例コラム第六回:無線LANリプレイス時にCisco Merakiを導入して機能強化とコスト削減を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Print Friendly, PDF & Email

こんにちは。吉政創成の吉政でございます。第六回は「無線LANリプレイス時にCisco Merakiを導入してコスト削減」という内容で書きます。

皆さんのオフィスの無線LAN環境はいかがでしょうか?導入してしばらくたつお客様は以下の課題が発生しているお客様も多いと思います。

「1」社員数が増えたり、データ量が増え、または機器が劣化し無線LANのパフォーマンスが悪くなっている
「2」BYODの導入でデバイス管理をしたい
「3」セキュリティを強化したい
「4」監視カメラも導入したい

などなど

「1」については無線LANの要件として皆さんが思いつく要件ですよね。

「2」から「4」については、無線LAN要件ではありますが、アクセスポイント以外にも機材が必要で管理も大変なのでは?と思われると思います。

今、大変な勢いで普及が日本でも進んでいるCisco Merakiは低コストな無線LANの機器ではありますが、UTM、スイッチ、セキュリティカメラ、デバイス管理までカバーしているフルスタック・シリーズ製品でもあります。今まで、前述の課題に対応するためにはいろいろ機器をそろえ、それぞれに現場に行って管理をしなければいけませんでしたが、Cisco Merakiは全てクラウドで集中管理できるのです。しかも機材に電源ケーブルとネットワークケーブルに繋ぐだけで、中央から設定がすべてできます。これによりネットワーク担当者の運営負担が軽減され、移動交通費と作業工数が削減でき、運営コストの削減につながります。

一方、無線LANを導入している企業であれば、BYODの採用やセキュリティの強化は自然な流れです。特に最近で政府が労働時間の短縮を呼び掛けていますので、業務効率を向上させるべく、限られた時間有効活用する仕組みが必要です。そのための無線LANの強化、BYOD、MDMの導入、セキュリティの強化はセットとして検討するべき要件だと思います。労働環境を効率化する仕組みがないまま、時間短縮と売り上げ拡大を社員に強いてしまうと、社員が疲弊し、離職率が上昇したり、ブラック企業としての評価をされることもあります。

Cisco Merakiを採用いただくことで、労働効率の高いネットワークを低コストで導入することができます。

実際にどれくらいコストがかかり、運用付加が減り、ネットワークとしてのパフォーマンスと機能が強化されるかについては、是非ディーアイエスソリューションにお申し付けください。ここ数年、Cisco関連で毎年受賞をしている日本を代表するシスコ販売店の1社だと思います。

興味がある方は以下にCisco Merakiのページを公開していますので、是非ご覧ください。

https://www.si-jirei.jp/cisco/meraki/

 

※Cisco Meraki(シスコ・メラキ)とは

Cisco Meraki(シスコ・メラキ)は100%クラウド管理のシンプルなエンタープライズ ネットワーク ソリューションです。ワイヤレス/ セキュリティ/ スイッチ/ MDMなど全ての製品とエンタープライズ クラスの機能を単一のクラウド画面から管理できます。

コマンド ライン、管理サーバは不要です。

 

Related post

更新情報

最新コラム

  1. はじめに 間もなく2019年度が始まります。出会いと別れのこの季節、新入社員向けの端末や組…
  2. ワークスタイルの変革コラム第33回「ビジネスチャット導入時にはお作法も改めるべき」 こんにち…
  3. こんにちは。吉政創成の吉政でございます。 会計期が4月3月のお客様ですと、今期中にWindo…

ログインステータス

Return Top