安井智志のコラム「MSクラウド導入の勘所(Office365編)」 [第1回]現在のOffice365を取り巻く状況について

安井智志コラムMSクラウドのバナー

[挨拶]

ディーアイエスソリューションで、技術担当としてMSクラウドを推進しております安井です。

今回より、マイクロソフトが提供するクラウドサービスについて連載でご紹介してまいります。

皆さんご存知の通り、マイクロソフトのクラウドサービスと一言で言っても、非常に広範囲で、提供形態も沢山ありますので、まずは一番とっつきやすくて、利用・検討されている方も多い、Office365を中心に話しを進めていきたいと思います。

「えっ、いまさらOffice365の話しですか?」という声も聞こえてきそうですね。

実は当の私が一番そう感じています。。。

実際、現在のOffice365は、既にメーカーが積極的なキャンペーンや広告宣伝をしなくても勝手に導入が進んでいる状態と言われています。

当社のお客様でも、導入はされていなくても概要を理解されているお客様は多いです。

だからこそ、ここでは、単なるサービスの内容や機能の話しは最小限にとどめ、「急速に変化するOffice365を取り巻く状況」、「公開情報では判断がつかないこと」、「実際に導入・活用する上で必要なこと、ぶつかる障壁」等々を中心に話しを進めてまいります。

ということで、1回目は、現在のOffice365を取り巻く状況の話しからスタートしましょう。

 

 [第1回]現在のOffice365を取り巻く状況について

 

今回は、Office365を取り巻く環境全般、日々の提案活動で感じるお客様の考えや対応状況、目まぐるしく追加・改良されるOffice365自体の機能などについて簡単にお話ししたいと思います。

まず、冒頭にOffice365の導入が急速に進んでいるようだとお伝えしましたが、具体的にどんな状況なのでしょうか?

同種のサービスであるG-Suite(旧GoogleApps)と合わせて、お話を進めます。

 

■クラウドシフトが加速する中、エンタープライズ企業が続々と採用を決めている?!

これまでエンタープライズ企業は、以下のような理由から、クラウドではなくオンプレミスでの自前構築を前提としていました。

  • 融通が利かない」

「②サポート面が十分でない」

「③セキュリティ面で課題がある」

当社のお客様でもほとんどがそうでした。では、なぜ昨年来、続々と採用が進んでいるのでしょうか?

確かに、①と②について振り返れば、Office365の前身であるBPOS時代(2009-2012年)のクラウドサポートは散々でしたし、いきなり止まることも日常茶飯事でした。しかしこの点について言えば、マイクロソフト自身が2014年頃から自らクラウドシフトを推進して以降、莫大なリソース投入によって、現時点では、オンプレ以上の環境やサポートレベルが実装されてきています。

また、③のセキュリティについて言えば、実際のOffice365の設備面の拡充よりも、市場全体のクラウド慣れによって思考の前提が変わったことの方が、課題意識の解消に繋がったと感じています。

思考のスタートが「オンプレ」から「クラウド」に転換したことで、当社のお客様でも「外部攻撃に対してはクラウドが優位である」、「クラウドはPCにデータを置くよりも安全である」といった、クラウドメリットを先に考えるようになっています。

このような状況の中で、エンタープライズ企業がようやく本格的な導入を進め始め、いつの前にか競合であるG-Suiteを逆転するに至りました。(※あくまでも導入社数ではなく利用者数です。)

今後も、安定を求めるエンタープライズの企業が、わざわざOfficeではなくgoogleドキュメントやスプレッドシートを利用することは考えづらい為、この差はさらに広がることが想定されます。

■それ以外の中堅中小企業の導入について

当社のお客様は、中堅中小企業のお客様が中心となっていますが、お客様の現状を見る限り、最もクラウドから遠ざかっているのは中堅層のレベルであると想定しています。

中堅規模クラスのお客様は、可用性が担保された社内の仮想基盤上にグループウェアやワークフロー等の情報系システムが既に整備され、VPN環境なども整っていることから、すぐに移行を検討するような状態ではありません。また、人数規模的にもライセンス管理コストの軽減効果が薄く、Office365への切り替えメリットが出しづらい状況にあるかと思います。

■直近の動き

今年は、Office2007のサポート切れによるバージョンアップ対応、2020年1月のサポート切れに向けたWindows10への入れ替えも始まりつつあり、今年後半はますますOffice365の導入が増えてくるのは間違いないと思います。

また、これまでOffice365と言えば、メール(ExchangeOnline)のリプレイスが中心となっていましたが、昨今のスマートワーク推進の動きの中で、SharePointやYammerなどのツール活用を目的とした導入検討も今後ますます増えることが想定されます。

最近では、G-Suiteを導入し一定期間が経過しているものの、実質Gmailしか利用出来ていない状況の中で、Officeのバージョンアップをしなければならないことに疑問を持たれているお客様も散見されるようになりました。

私個人としては、多少の使い勝手は別として、メール機能やコラボレーションツールだけで言えば、G-SuiteもOffice365もほとんど差異はないと思っています。

しかし、これから詳細にお伝えしようと思っている、「Office」、「Windows10」、「ActiveDirectory」等のマイクロソフト関連製品との親和性は、今後セキュリティを考える上で非常に重要になってきます。

 

次回は、このあたりの内容について具体的にお話ししていきたいと思います。

しばらくは導入部分として概要のお話しが続きますが、当面お付き合いくださいませ。

Related post

更新情報

最新コラム

  1. こんにちは。吉政創成の吉政でございます。今日は「コミュニケーション効率の向上で業績が好転するのはなぜ…
  2. こんにちは。吉政創成の吉政でございます。第十回:「一万円前半で買えるCisco無線LANアクセスポイ…
  3. こんにちは。吉政創成の吉政でございます。今日は「お金をかけずに直帰率を改善する方法」という内容で書き…

ログインステータス

You are not logged in.
Return Top