ITによるワークスタイルの変革コラム「CUCM、ユニファイドコミュニケーション導入のための業者選定基準について」

こんにちは。吉政創成の吉政でございます。

今日は「CUCM、ユニファイドコミュニケーション導入のための業者選定基準について」というタイトルで書きます。

弊社はコンサルティング会社になりますので、様々なクライアントとコミュニケーションを取って仕事をしています。特に弊社の場合は、1社のお客さまが5年以上にわたるお付き合いを頂くケースが多く、ほとんどのお客様と独自のチャットシステムでやり取りすることが多くなりました。以前は電子メールと電話のやり取りが多かったと思うのですが、Cisco Sparkなど企業が独自で導入できるようなチャットシステムが手ごろで高機能になってくることにより、ここ1,2年で一気に広がってきたように思えます。

実際に電子メールであると、「XXXX会社 XXX様、いつもお世話になっております。 吉政創成の吉政でございます。 XXXXXXXXXXXXXXX」と始めないといけないところを、チャットであると、「こんにちは。XXXXXXの件ですが、どうですか?」と短時間で送れ、すぐにお返事を頂けるので、手間がかからずコミュニケーションが迅速になるので、ものすごく評価が高いようです。

私の知る限りでは、チャットを導入された企業で、廃止された企業は聞いたことないです。多くの企業から「もう戻れない」と言われるのを耳にします。ちなみにですが、ディーアイエスソリューションはCisco SparkやMicrooffice Teamsの導入にもたけていますので、興味がある方は、是非以下よりお問い合わせください。

ディーアイエスソリューションお問い合わせ窓口
https://www.si-jirei.jp/contact/

さて、チャットもかなり普及しましたが、今普及が始まっているのが、PC画面共有によるTV会議です。これは会議参加者の移動時間を削減できるので、単純に業務時間を効率的に使えるようになります。TV会議は移動時間という非生産時間を削減しますので、今流行の残業時間削減にはもってこいのソリューションになります。
ディーアイエスソリューションはこのソリューションもめっぽう強いです。事例も多いです。興味がある方は以下をご覧ください。

CUCMソリューション
https://www.si-jirei.jp/cisco/cucm/

さて、かなり脱線しましたが、ここで言いたいことは数年前とは状況が違うということです。数年前のネットワークは音声とPC間データ通信がメインでしたが、現在はリアルタイムにコミュニケーションを行うTV会議やチャットなどが音声に加えて十分なネットワーク体育の確保が必要になってきています。つまり、従来よりも複雑なネットワーク設計のノウハウが必要になってきたということが言えるのです。

この時代に経験が少ない会社に依頼をするとせっかくのCUCMも使い勝手の悪いものになってしまいます。そこで、間違いのない、CUCM、ユニファイドコミュニケーション導入のための業者選定基準をお伝えします。是非ご参考ください。

1.事例が多く掲載されていること
2.メーカーからの表彰がされていること
3.業者のWebサイトの更新が多く、活気があること

事例が多いということはお客様の満足度が高いということです。
メーカーからの表彰があるということは、国内のトップクラスのパートナーということです。業者のWebサイトの更新が多いということは、ビジネスがじゃんじゃん回っていることの証拠です。

ちなみにですが、ディーアイエスソリューションはこのすべてを満たしています。

事例集:https://www.si-jirei.jp/success/
表彰:https://www.si-jirei.jp/cisco/dsol/
Webページ:https://www.si-jirei.jp/

いかがでしょうか?最後に私見になりますが、良い業者の選定条件を全て満たしているディーアイエスソリューションをCUCM検討時には絶対に検討に加えたほうがいいと思いますよ!

関連記事

更新情報

最新コラム

  1. こんにちは。吉政創成の吉政でございます。 今日は「CUCM、ユニファイドコミュニケーション導入…
  2. こんにちは。吉政創成の吉政でございます。 今日は化石化しつつある有償ライセンスCMSについて書…
  3. 1.はじめに みなさん、こんにちは。WordPress使ってますか? KUSANAGI、使ってます…

ログインステータス

ログインしていません。

最新事例

  1. 今回は日本のネットワーク市場、とりわけ流通小売企業を中心とした多店舗展開をされている企業から注目をう…
  2. NEC PBXとCiscoコミュニケーションツールの連携事例【某製造業事例】を公開しました。 …
  3. Dr.Web事例を公開しました。  Dr.Web事例「不動産会社」 セキュア・タブレットPC閉…
ページ上部へ戻る