Cisco無線LANコラム第15回 無線LANソリューションの最新事情-2

はじめに

さて今回は、前回のコラムで書ききれませんでした「無線LANのクラウド管理」について記載してまいろうと思います。具体的にはCisco systems社の「Meraki」ブランドの無線LAN関連ソリューションになります。

余談
本題に入る前から余談になりますが、、、このCisco Merakiというブランドの製品が日本に本格的に投入されたのは比較的最近になります。ですので、知名度がまだまだ低いです。ということで、Ciscoさんとしては色々プロモーションを考えられるわけですね。で、私の方に依頼がございました。

Cisco(以下C) 「今回日本に本格投入するCisco Merakiブランドの無線LANソリューションですが、特長の一つは、とにかくセットアップが簡単だということです。」

藤重(以下F)   「へー、そうなんですか。」

C 「セットアップウィザードに出てくる日本語が読めるレベルの方であれば、初心者でも、それこそ小学生でもセットアップできます!」

F 「それはすごいですね。」

C 「だれでもできる!をアピールするために、セットアップの様子を録画して、YouTubeにアップするというプロモーションを考えています!」

C 「社内でいろいろ検討した結果、藤重さんが適任だろうという話になりまして、、、モデルになって、セットアップしてください!」

F 「・・・」

もの凄い文脈で、依頼を頂戴いたしました。。。まぁ、色々検討されただけあって、人選については間違っていないとは思いますが。。。世界有数のメーカ様に白羽の矢を立てていただいて、こんなに複雑な気分になったのは初めての体験でございました。

Cisco Merakiとは

というわけで、わたくしが格別な思いを持っておりますCisco Merakiを紹介してまいりたいと思います。
プロモーションの成果もあってか、最近は比較的知名度も上がってきまして、Cisco Meraki=クラウドで管理できる無線LANアクセスポイントと認識されている方も多いのです。が、Cisco Meraki自体はブランド名です。Cisco Merakiシリーズには無線LANアクセスポイントのほかにも、スイッチングHUBやUTM、監視カメラといったラインナップがございます。共通しているのは、管理コンソールがクラウドにある、ということです。

クラウドで管理って?

具体的には、クラウド上の管理コンソールで機器の状態や利用状況及び通信内容の把握、設定変更が実施可能となります。端的にいうと、クラウドの管理コンソール側で設定しておけば、現地ではケーブルを挿すだけで使えるようになっている、ということです。Ciscoではこれを、「ゼロタッチコンフィグレーション」と呼んでいます。
Cisco Merakiの無線LANアクセスポイントについて、上記を踏まえたうえで代表的な「出来る事」を箇条書きいたします。

・10,000台以上のデバイスをクラウド上から一元管理
・接続した端末が、どのようなアプリケーション/サイトを利用しているか、それぞれの通信量を含めて把握
→Youtube、Facebook、Google、Office365、Yahoo、etc…
・アプリケーション/サイトごとに帯域を優先or制限or禁止
・接続端末ごとの利用時間/利用回数/利用内容をデータとして取得
・端末の接続可否について各種認証サービスと連携(ex:Facebook)
・接続端末数のリアルタイム把握及びデータを取得
・地図情報と連携、電波強度把握やロケーション管理が可能
・各種ソリューションと連携(ex:指定URLへの誘導、クーポン発行)

・・・たくさんございます。。。

利用事例は?
と、ここまで簡単・多機能という紹介をしてまいったわけですが、実際にどのような形で利用されているのでしょうか。事例としては、ホテルや流通小売店舗、飲食店が多くなっているようです。代表的な「出来る事」一覧を見てみると、確かに相性がよさそうです。

・無線LANを入れたいけど、店舗がたくさんあって大変そう、、、お店にIT詳しい人もいないし、、、
→クラウドで一括管理、ゼロタッチコンフィギュレーションでお店側ではケーブルに接続するだけです!

・無線LAN接続サービスで売上アップ、できるかな?
→クーポン連携や広告URLへの誘導で、お客様満足度向上/広告宣伝が可能です!

・無線LAN接続をサービスとしてお客様に提供したいけど、分析もしていきたい
→利用時間や接続頻度(来店頻度)、用途を把握可能です!

国内で公表されている事例としては、スマイルズ様(Soup Stock Tokyo等)やダイヤモンドダイニング様(わらやき屋等)、グローバルだとスターバックス様やバーガーキング様が有名です(事例一覧はhttps://Meraki.cisco.com/customersで閲覧可能です)。

IoT
もちろん一般企業での導入事例も多々ございますが、店舗をはじめとした、コンシューマ向け商業施設とマッチするソリューションです。第13回のコラムでもふれましたが、2020年の東京オリンピックに向けて、今、最も「熱い」ソリューションかもしれません。昨今話題のIoTにも直結しておりますので、非常に「面白い」と思います。皆様も、或いはサービス提供者として、或いはサービスの利用者としてこの「熱くて面白い」Cisco Merakiソリューションにこれからかかわっていく機会も多くなるのではないでしょうか。

DISソリューションでは、Cisco Merakiの設計、設定、関連工事などを一括して提供が可能です。御社のビジネスにITをどう活かすか、を共に相談させていただければと考えております。ぜひ、お声掛けください!

Related post

更新情報

最新コラム

  1. こんにちは!クラウドビジネス担当の三島です。Office365徹底活用コラム6回目ということで、今回…
  2. はじめに 東京オリンピック・パラリンピックイヤーである2020年まであと18か月となりました。この…
  3. こんにちは!クラウドビジネス担当の三島です。Office365徹底活用コラムということで、今回はスマ…

ログインステータス

You are not logged in.
Return Top