シスコセキュリティ対談第2弾「自社クラウド内の情報をどう効率的に管理するか」

今回はディーアイエスソリューションが注力しているシスコセキュリティソリューションについて、シスコシステムズ合同会社 セキュリティ事業 担当部長 秋葉 浩様(以下、秋葉)と同 セキュリティアカウントマネージャー 次藤 則兼 様(以下、次藤)にディーアイエスソリューション株式会社 三浦 茂(以下、三浦)がインタビューしました。

三浦「秋葉さん、次藤さん、本日はご多用中、ありがとうございます。また、貴社会場での両社共催で毎月実施しておりますセキュリティセミナーにて、次藤さんの講演を賜り、誠に感謝しております。ありがとうございます。」

次藤「受賞歴も豊富な国内シスコパートナーを代表する1社である貴社からのご依頼ですので、ご支援は当然です。引き続き協業を強化し、より多くのお客様にシスコセキュリティソリューションの素晴らしさを体験していただきたいと考えています。引き続き宜しくお願いいたします。」

三浦「ありがとうございます!両社協業をさらに大きく結実させたいです。早速ですが、今回はセキュリティ事業を担当される秋葉部長にお越しいただいていますので、市場動向や国内の展望をお聞きしたいと思います。」

秋葉「各方面でトップシェアを獲得しているシスコ全体のFY2016年度の総売り上げは126億ドルになりました。その中でも顕著に伸びているのがセキュリティ系のソリューションであり、伸び率は16%となりました。

セキュリティソリューションにおいてシスコは比較的後発になるのですが、日本国内でも3大セキュリティソリューションに数えられるまでにシェアを伸ばすことができました。

今後もシェアを伸ばすためには、機能面の秀逸さ、コストパフォーマンスの高さもさることながら、国内市場の「働き方の変化」が重要になります。

従来は上記の図の中心の紺色の円である社内に基本的なリソースが存在しており、オレンジ色の輪の部分でセキュリティを確保しておけばよかったのです。しかし現在では、リソースへのアクセスが、社内のみから、社外へと広がるようになりました。

このような状況において企業は以下のような疑問や課題を持つようになります。

「自社のクラウドで誰が何をしているのか?」
「詐称されたアカウントをどうやって検知するのか?」
「不正なインサイダーが情報を持出していないか?」
「有害および規制されたデータがクラウドに存在しないか?」
「ポリシー違反をどうやって検知するのか?」
「インシデント対応をどうやって自動化出来るか?」
「アプリケーション利用とリスクを如何に監視できるか?」
「サードパーティのアプリケーションを利用していないか?」
「リスクのあるアプリケーションを利用停止できるか?」

このような疑問や課題を解決するためのカギはセキュリティクラウドソリューションのうまい活用であると考えています。市場調査データを見てみると次回の導入で5割の御客様はクラウドソリューションに移行するそうです。セキュリティ・ソリューションも、クラウドで動作させる必要があります。たとえば、インターネットを安全に使っていただくために、DNSレイヤーで通信を監視したりブロックしたりするUmbrellaというセキュリティクラウドソリューションを発売しました。ユーザが社内オフィスにいようが、社外に出かけていようが、ドメイン名をIPアドレスに変換するDNSというインターネット通信の初期段階で判断します。一日に800億回のリクエストを受けて、8000万回ほどブロックしているリカーシブDNSサービスです。インターネット上で攻撃者が不正サイトを構築している段階で検知していますので、新しい攻撃が始まる前から、そのサイトに行ってはいけないということを知っているサービスなんです。」

三浦「お客様の要件によって、オンプレミスとクラウドの両方の活用シーンがあるということですね。」

秋葉「そうですね。社内外を問わず、護る必要があります。ただ、今後はクラウドの比重が増えていくと思われます。管理者も常にオフィス内にいるわけでもないので、セキュリティクラウドソリューションの場合は、いつでもどこでも、状況の把握と判断ができるようになります。また、離れた拠点に移動して設定するようなこともなくなるため、クラウドソリューションの適用範囲とメリットは大きいです。」

次藤「シスコはもともとこの分野ではVPNが強かったので、外部アクセスの増加やクラウドの普及により、セキュリティ分野で大きくシェアを伸ばしてきているように思えます。」

三浦「ネットワークといえばシスコ。VPNと言えばシスコ。というブランドが強いですもんね。しかも最近は、この分野での事故や障害の事例も報告されているので、なおさらお客様のほうでの検討が進むようになりましたよね。」

次藤「そうなんですよ。セキュリティ侵害事故がたびたび起こっています。ニュースになるような大規模な事故も起こっているのですが、ニュースにならないようなセキュリティ侵害事故は相当数起こっていると考えています。詳しくはGoogleのニュース検索で「セキュリティ 侵害」を検索されると最新の侵害事故を見ることができます。」

三浦「なんとなくの相場で情報漏えい1件につき500円というのがありますよね。仮に10万件漏えいしたら5000万円の損害賠償に加え、ブランド失墜によるさらなる大きな打撃を受けることになるので、企業の存続を脅かす事件になってもおかしくないです。そうなる前に、対策を実施する必要があります。

ここで簡単にCisco AMP for Endpointsを活用したソリューションイメージをご紹介します。

Cisco AMP for Endpointsを活用いただくと、あらゆるアクセスに対して管理者が社員の端末も含めて社内外のどこにいても一元的に管理ができるようになります。シンプルな図ですが、全方位的な一元管理ができることがお分かりいただけると思います。興味を持っていただいた皆様には是非、管理画面や技術的なことも理解いただいた上でご導入を検討いただきたいと思っております。それこそがシスコセキュリティソリューションの良さを十二分に引き出せる方法であると考えています。興味がある方は、以下の専用ページやセミナーのご案内を見ていただき、是非、皆様の会社あのセキュリティレベルを一歩向上させるためのきっかけを見つけていただければ幸いです。

シスコセキュリティソリューションについて、ディーアイエスソリューションでは専用のページを公開しています。興味がある方は以下をご覧ください。
https://www.si-jirei.jp/cisco/security_solution/

また、セキュリティセミナーが東京(1月20日開催)と大阪(1月27日開催)でシスコシステムズ合同会社共催にて開催されます。 興味がある方は是非ご参加ください。
<東京開催>
https://www.si-jirei.jp/2016/12/20/%e3%82%bb%e3%82%ad%e3%83%a5%e3%83%aa%e3%83%86%e3%82%a3%e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%8a%e3%83%bc%e6%9d%b1%e4%ba%ac%ef%bc%9a1%e6%9c%88%e3%80%80%e3%80%90%e8%a6%8b%e8%90%bd%e3%81%a8%e3%81%95%e3%82%8c%e3%81%8c/

<大阪開催>
https://www.si-jirei.jp/2016/12/20/%e3%82%bb%e3%82%ad%e3%83%a5%e3%83%aa%e3%83%86%e3%82%a3%e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%8a%e3%83%bc%e9%96%a2%e8%a5%bf%ef%bc%9a1%e6%9c%88%e3%80%80%e3%80%90%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%9d%e3%82%a4%e3%83%b3/

関連記事

更新情報

最新コラム

  1. こんにちは。吉政創成の吉政でございます。 今日は「CUCM、ユニファイドコミュニケーション導入…
  2. こんにちは。吉政創成の吉政でございます。 今日は化石化しつつある有償ライセンスCMSについて書…
  3. 1.はじめに みなさん、こんにちは。WordPress使ってますか? KUSANAGI、使ってます…

ログインステータス

ログインしていません。

最新事例

  1. 今回は日本のネットワーク市場、とりわけ流通小売企業を中心とした多店舗展開をされている企業から注目をう…
  2. NEC PBXとCiscoコミュニケーションツールの連携事例【某製造業事例】を公開しました。 …
  3. Dr.Web事例を公開しました。  Dr.Web事例「不動産会社」 セキュア・タブレットPC閉…
ページ上部へ戻る