月刊総務オンライン連載コラム「ITによるワークスタイル変革」第04回「【成功事例】移転時にワークタイルを変革させる」

改めまして。吉政創成の吉政でございます。
このコラムコーナーは総務部門の方々向けに「ITによるワークスタイル変革」の話を書いています。今回は、「【成功事例】移転時にワークタイルを変革させる」と言う内容で書きます。

そもそもワークスタイルの変革のゴールとは何でしょうか?

様々な定義があると思いますが、私は「自社業務を最も行いやすい最適なワークスタイルを最新の技術で実現すること」だと思います。

なぜ「ワークスタイルの変革」がブームになったのか?を考えると、そのきっかけは、スマートデバイスの普及とネット環境の改善、セキュアなネットワーキングの実現など、最新のIT技術の普及です。それにより、オフィスの自分の机の上でしかできなかった仕事が、移動中などのリモートでできたり、限られたオフィススペースを有効に活用するべく、フリーアドレスを導入したりと、多くの企業が最新のIT技術を利用して自社にあったワークスタイルの変革を実現できています。

「ワークスタイルの変革」だからと言って「改革的な変化」を実現することが必ずしも必要とは考えていません。例えば、移転の際に、出張費と移動時間を短縮するべく、TV会議システムを導入することや、特定の机を設けず、大テーブルの好きな席に座って仕事をするようなフリーアクセスを導入するだけでも、かなり便利になったり、コミュニケーションが効率化したりします。

ただ、このようなちょっとした変革でも、移転の時のほうが導入しやすいですよね。
今の時期ですと、ちょうどお盆の時期に向けて移転を考えているお客様も多いのではないでしょうか?

移転の時はそのまま移転するのではなく、最新の技術を見て検討するのもよいと思います。ちなみに、コミュニケーションインフラのトップベンダーであるシスコ社では、最新の技術を使用したショールームと実際のオフィスを見学できるオフィスツアーを行っています。興味がある方は、是非以下よりお申し込みください。
https://www.si-jirei.jp/cisco/オフィス見学ツアー/

さて、話はかなり脱線しましたが、最後に移転時にオフィスレイアウトを大きく変更され、導線を強化された事例をご紹介します。

お客様事例:株式会社リンクレア

こちらのお客様はCiscoオフィスツアーに参加し、無線LANによるフリーアクセスとオフィスレイアウトの変更によるメリットを確信されました。業務の向上とペーパレス化を推進するオフィスレイアウトと無線LANソリューションを採用されています。

導入後のお客様のコメントとして以下のお言葉を頂いています。

「お客様向けのシステム開発プロジェクトを組むことが多く、プロジェクトごとに席を変更しやすいロケーションフリー型のオフィスを実現するべく、検討を始めました。当時はオフィスレイアウトの変更も検討しており、両方を対応できるプロバイダーを探していました。複数社から提案を受けたのですが、一番魅力的な文祥堂とディーアイエスソリューションの共同提案を採用しました。Ciscoオフィスツアーで実際に実現したいことを確認できたのも高評価でした。大阪、日比谷、品川の3拠点を発注しました。」

このお客様はITに強いディーアイエスソリューションと、オフィスレイアウトに強い文祥堂のコラボレーションによる事例です。是非ご参考ください。

なお、以下のページの最下段より、詳細の事例をダウンロードできます。
興味がある方は以下もご覧ください。

https://www.si-jirei.jp/cisco/wireless/
※上記のページでは10件のシスコ無線LAN構築事例が掲載されています。

Related post

更新情報

最新コラム

  1. こんにちは。吉政創成の吉政でございます。今日は「コミュニケーション効率の向上で業績が好転するのはなぜ…
  2. こんにちは。吉政創成の吉政でございます。第十回:「一万円前半で買えるCisco無線LANアクセスポイ…
  3. こんにちは。吉政創成の吉政でございます。今日は「お金をかけずに直帰率を改善する方法」という内容で書き…

ログインステータス

You are not logged in.
Return Top