ITによるワークスタイル変革コラム第01回:5人に1人がスマホを紛失する時代の企業対応とは

このコラムコーナーは総務部門の方々向けに「ITによるワークスタイル変革」の話を書いています。今回は、「5人に1人がスマホを紛失する時代の企業対応とは」と言う内容で書きます。

さて、モバイルセキュリティーアプリを開発するLookout社の調査によると、スマホの紛失率は23%だそうです。(2014年11月公開) 23%ということはほぼ5人に1人が紛失した経験があるそうです。

この数値は紛失して戻ってきた分も含めた数字です。紛失している人の多くは年に2回の頻度で紛失しているそうです。管理職が紛失するケースは飲んで酔っ払った後ということだそうです。

5人に1人が紛失するということは、100名の社員がいる場合、毎年20名の社員がスマホを紛失していることになります。業務で使用しているスマホは企業秘密にかかわる情報が多いです。しかも日本人の約半分がスマホにパスワードをかけていません。先日私が拾得したスマホもパスワードがかかっていませんでした。つまり、紛失した時点で企業の情報が漏えいする可能性は割と存在しているということです。しかも情報漏えいの場合は、30人が漏洩しても1名が漏洩しても情報漏えいは情報漏えいです。企業としては1名も漏えいしてはいけないはずです。

しかし、前述の紛失率などを考えると、スマホの紛失は避けられないように思えます。このコラムでお勧めしたいのは、紛失した際にどう対応するかという方法です。

1.    業務使用するスマートデバイスは必ずパスワードや指紋認証でロックするように通達し、上長に徹底させること
2.    紛失後にスマートデバイスを初期化できるよう、MDMを導入する
3.    MDMを導入してGPS機能を使った紛失端末の場所をと特定できるようにする

現在、スマホ紛失後の対応としてはMDMを使用するというのがメジャーな手法であるためご紹介しました。MDM(モバイル・デバイス・マネジメント)とは複数台のスマートデバイスをリモートで一元管理できるソリューションです。 OSアップデートの状況やアプリの管理はもちろん、遠隔での初期化など、セキュリティ対策にも有効とされています。

MDMの実際の製品を見てみたい方はMDMの代表的な製品の一つであるVMware AirWatchをご覧ください。

VMware AirWatch
https://www.si-jirei.jp/AirWatch/

Related post

更新情報

最新コラム

  1. はじめに 今月発生しました台風21号、北海道胆振東部地震により被害にあわれました方に心よりお見舞い…
  2. こんにちは。吉政創成の吉政でございます。今日は「広告に頼るWebサイト集客はやはり厳しい件。コンテン…
  3. 1.はじめに みなさん、こんにちは!プライム・ストラテジーでコンサルタントをしております、穂苅 智…

ログインステータス

You are not logged in.
Return Top