CUCMコラム第24回ワークスタイルの変革 ~設備投資するのはいつか?~

IMG_8227今回は、「ワークスタイルの変革 ~設備投資するのはいつか?~」と言う内容で書いてみます。

先日、ダイワボウ情報システムの子会社であるディーアイエスソリューション(以下、「DSol」)とシスコシステムズが共催した「10年後の働き方を考えるセミナー」に参加しました。

そのセミナーでDSol 藤重 雄喜氏の講演が印象に残ったので、ご紹介いたします。

多くのお客様の、今目の前にあるワークスタイルの変革のお話であり、現実的に判断するべき内容だと考えています。

藤重氏曰くー。

***
多くのお客様とワークスタイルの変革についてお話をさせていただく中で、「なぜワークスタイルの変革が必要なのか」ということを考えるようになりました。

一つ、確実に言えることは10年後も幸せでありたいと思うことだと思います。株主も経営陣も社員もお客様もみんなそうだと思います。

社員にフォーカスをしてワークスタイルの変革で得られる「幸せ」において必要なことは以下の3要素だと思います。

自由な時間=プライベートの充実
お金=能力を持ち続けること
健康=幸せや働くうえでの大前提

最 近巷では「IoE(Internet of Everything)で起こる産業革命」ということがささやかれています。これはインターネットから新しいビジネスチャンスが生まれたということです。 一方、日本は少子化が進んでいます。これは一人一人への負荷が増加していくことを意味しています。少ない人数で今以上のことを行うためには「専門家の分散 配置」が必要だといわれています。今後幸せであり続けるためには、ワークスタイルを変革させ、より効率的で充実したビジネスをしなければならないのではな いかと私は考えるようになりました。

お客様に「ワークスタイルの変革を提案すると、以下のようなことを言われることがあると聞くことがあります。

「電話ができれば業務ができる、高額なものはいらない」
「弊社の社員はITリテラシーが低いので 高額なものはいらない」

そ のような話を聞くと私は「今はそうかも。今はそれでいいかも。」と思います。ただ「今後は業務が複雑になり、進化していくので、変わらないといけないは ず。変化はゆっくり進んでいくので、顕在化したタイミングで、果たしてその会社は変われるのか、幸せでいられるのだろうか。」と考えます。

***

私も大きくうなずく講演でした。
ワー クスタイルの変革は、スマホやパソコンを買い替えるようなツールを変えるのではなく、働き方を変えていく、企業の業務文化の改革なのです。今までにはな かったツールを活用して、今以上に便利にするための改革なのです。そのためには捨てるものも出て来るでしょう。ただ、捨てるもの以上に大きく得られるもの があるからこそ、多くの企業が注目し、チャレンジしています。最後に一つアドバイスを、新しいツールを活用しての業務改革を行ううえでの大前提は、その ツールを使いこなせている人をプロジェクトメンバーに加えることが重要です。 例えば、若手の社員かもしれませんし、DSolの社員のような業者サイドの 人かもしれません。ツールに詳しい人がいないのに、ツールを活用した業務改革の案ができるはずもないです。是非ご検討ください。

さて、先日の「10年後の働き方を考えるセミナー」の模様と配布資料の後日請求の仕方をまとめたレポートを公開しています。興味がある方は以下をご覧ください。

「10年後の働き方を考えるセミナー」レポート
https://www.si-jirei.jp/Cisco/CUCM_seminar/

※本コラムは今回で最終回になります。次号からは「ITによるワークスタイルの変革コラム」としてこちらで連載されます。

Related post

更新情報

最新コラム

  1. こんにちは。吉政創成の吉政でございます。 クラウドの市場データを追いかけている方は、そろそろ気…
  2. はじめに 今月発生しました台風21号、北海道胆振東部地震により被害にあわれました方に心よりお見舞い…
  3. こんにちは。吉政創成の吉政でございます。今日は「広告に頼るWebサイト集客はやはり厳しい件。コンテン…

ログインステータス

You are not logged in.
Return Top