Cisco無線LANコラム第10回:ユニークな無線LAN事例ユニバーサルミュージック

Print Friendly, PDF & Email

事例を通して学ぶ!シリーズの第3弾をお送りいたします。今回は、株式会社野村総合研究所様と共同して導入させていただきました、世界最大の音楽企業、ユニバーサルミュージック合同会社様の事例となります。

多彩な用途での利用


ユニバーサルミュージック様のご利用方法で特徴的なのは、

1.業務用
2.BYOD(Bring Your Own Device:私用端末の持ち込み)用
3.ゲスト用

と 3つの用途を提供されている点です。グローバル全体の認証基盤と連携し、強固なセキュリティの元に運用される業務用のネットワーク。私用端末の持ち込みを 許可した上で、認証はID/PWのみとし、インターネットのみにアクセス可能なBYODネットワーク。そして、お客様や協力会社の方々、訪問されたミュー ジシャンの方々に利用して頂くゲスト用ネットワーク。こちらは認証を、Cisco無線コントローラが提供するワンタイムパスワードで運用しておられます。

Cisco無線コントローラの利点


無 線LANシステムは、1台のアクセスポイントから、ネットワークポリシー(=何にアクセスできるか)も認証方式(=どのようにネットワークに参加させる か)も異なる電波(正確には、無線の識別子)を複数発信しています。この複雑な運用管理を柔軟に・容易に実装しているのがCisco無線コントローラにな ります。ユニバーサルミュージック様では、27台のアクセスポイントを利用しておられますが、運用変更が発生した場合、、、もしコントローラがなければ、 この1台1台に接続、設定を変更していく必要があります。ビジネスにスピードが求められる昨今、コントローラの特性を最大現にご利用いただいている事例で はないでしょうか。

2020年に向けて!


モバイルデバイス、とりわけスマートデバイスが普及している・ビジネスに多様性が求められる状況で、より業務を効率化するという意味ではBYODやゲスト用無線ネットワークの構築は必要不可欠になっていくのではないでしょうか。

2020年・東京オリンピック、、、海外からのビジネス/観光での来日者数が激増する見込みです。ゲスト用無線をはじめとしたソリューションの採用・応用は、アイデア次第で新たなビジネスチャンスを生み出す可能性も内包しているのではないでしょうか!

最後に


実際の構成及びご利用方法に関しては、事例ページに詳しく記載しております。
ぜひ、ダウンロード頂き、ご確認ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related post

更新情報

最新コラム

  1. はじめに 東京オリンピック・パラリンピック開幕まであと1年を切りました。来年の今頃は日本中…
  2. 皆さん、こんにちは。マイクロソフトクラウド担当の安井です。 早いもので、前回のコラムでOff…
  3. ディーアイエスソリューション株式会社にて保守チームに在席している西久保と申します。 今回から…

ログインステータス

Return Top