アンチウイルスコラム第8回:1988年9月13日は日本で初めてコンピュータウイルスが報告された日

今から27年前の9月13日、日本で始めてコンピュータウイルスの被害が報告されました。

世界ではそれ以前にもコンピュータウイルスの報 告がありましたが、それらのウイルスの多くはIBM-PCで動作していたため、NEC-PC9801がシェアを占めていた日本ではすぐに被害が及ぶことは ありませんでした。例えば1988年の秋には画面の文字が滝のように落ちていく有名なウイルスが登場して流行しましたが、日本ではほとんど被害が出ません でした。

日本で初めて報告されたウイルスは、PC-VAN(現在のBIGLOBE)というプロバイダの電子掲示板を利用していました。犯 人はこのプロバイダの利用者にメールでプログラムを送りつけ、そのプログラムを実行すると、コンピュータがウイルスに感染するようになっていました。この ウイルスは被害者が使用している通信ソフトウェア(プロバイダから提供されているもの)を改変し、プロバイダIDとパスワードを電子掲示板に暗号化して自 動で書き込むものでした。犯人はその書き込みを解読し、被害者のプロバイダIDとパスワードを入手した上で、そのアカウントを使って電子掲示板にログイン し、該当する書き込みを手動で削除していました。

このような書き込みは同年の春から見受けられたようですが、電子掲示板の事務局では、仲 間内でゲームか何かのデータを交換しているのではないかと判断しており、またすぐに削除されていたので特に注意はしていませんでした。ところが夏頃になる とこのような書き込みが長期間放置され始め(犯人が怠慢になってきたためのようです)、事務局は書き込みをしたアカウントに対して「一般の人が読めないも のは書き込まないでください」と、注意のメールを送りました。

ところがそのメールを受け取った人には身に覚えがありません。そうして調査の結果、ウイルスが書き込んでいたことが判明し、日本で始めてのウイルスが報告されたのでした。

犯人は先述したウイルスプログラムが添付されたメールを他人のアカウントを使用して送信していたため、メールを遡ってみても、誰が犯人なのか特定することはできなかったようです。

ち なみにこのウイルスは厳密にはウイルスではありません。ウイルスというのは自己増殖型のソフトウェアをいい、その仮定で他人のIDを取得することはありま すが、今回のケースでは、犯人が新たに取得したIDに対しメールを送ること繰り返し、手動で増殖させていました。自動で一気に拡散させてしまっては、掲示 板に書き込まれた暗号が莫大な量になり、自分の手に余ってしまうと考えたからかもしれませんし、自動化するのが大変だったのかもしれません。

こ の例を見てみると、インターネットの中心が電子掲示板だった時代を思い出しますね。主要な情報やソフトウェアのほとんどは、このような電子掲示板で配信さ れ、掲示板の管理者などがウイルスや書き込みのチェックを行っていました。それから個人でもソフトウェアを配布するようになり、今ではインターネット上の 至る所で出所不明なソフトウェアを入手することができます。

そのような不信なソフトウェアに限らず、例え信頼できる人から入手したソフト ウェアであっても、外部から入手したソフトウェア(プログラム)は例外なくウイルスチェックを行うようにしましょう。そしてウイルスチェックでの見逃しが 起こらないように、ウイルス対策ソフトウェアは常に最新の状態にしておきましょうね。

参考
https://ja.wikipedia.org/wiki/PC-VAN
http://www.ffortune.net/comp/history/first-virus.htm

Related post

更新情報

最新コラム

  1. 先日、MicrosoftウェビナーにてPowerAppsを使ったモバイルアプリケーションの作成方法に…
  2. はじめに 初夏の暑さを感じる季節になりました。早くも30℃超えを観測している所もありますね。そんな…
  3. みなさん、こんにちは! プライム・ストラテジーでコンサルタントをしております、穂苅 智哉 (ほ…

ログインステータス

You are not logged in.
Return Top