Ciscoコラム第5回あらゆるコミュニケーションサービスを一元化する「CMR Cloud」

ビジネスで利用されている代表的な会議サービスは3つ
1)    電話会議
2)    TV会議
3)    Web会議

お 客様の予算、背景、要件等によって利用される会議ツールは異なりますが、上記3つの中にどれかに当てはまるのではないでしょうか。シスコはこれまでワーク スタイルの変革をご提案する立場として様々な業種、規模のお客様とお話させて頂きました。その中でワークスタイル変革を行う上での総務部門、情報システム 部門の悩みを纏めますと、

1)    誰でも簡単な操作利用ができること
2)    既存会議サービス(Web会議、電話会議、テレビ会議)との柔軟連携
3)    実績のあるセキュアなサービス
4)    少ない予算からのスモールスタート

多くのお客様の悩みは上記4つに纏めることが出来、どれか1つ欠けても効果的なワークスタイル変革を推し進めるのが難しいとご指摘を頂いてきました。

こ の度、 シスコはそれらの要件を出来る限り満たし且つこれまでの会議ツールの概念を変える新サービスCMR Cloudを発表しました。 CMR Cloudは、これまでのWeb会議、電話会議に加えテレビ会議も連携するサービスです。端末に関してはシスコ製だけでなく、他社製端末 (H.323/SIP)も接続可能。もちろん、スマートデバイス、タブレット(iOS、Android)も対応。次のバージョンアップでは、マイクロソフ ト社のSkype For Businessとの連携も予定しております。

cisco20150701
cisco20150702
たとえ参加者が世界中の各国に分散していても、
参加者全員がまるでひとつの部屋にいるような臨場感のある会議を実現します。

CMR Cloudのベースは、既に世界220ヶ国以上で利用されている世界No.1のWeb会議サービスCisco WebExとなりますので、実績とセキュリティ面でも安心してご利用頂けます。また、クラウドサービスのメリットであるスモールスタートも可能です。

検証アカウントもご用意しておりますので、是非既存のテレビ会議端末、テレビ会議室、スマートデバイス、タブレット等の有効活用に向けて先ずは30日間の検証は如何でしょうか。

私事で恐縮ですが、産休のためしばらくお休みをいただきますので、コラムをしばらくお休みさせていただきます。少ない回数でしたがありがとうございました。

石川清美

Related post

更新情報

最新コラム

  1. 先日、MicrosoftウェビナーにてPowerAppsを使ったモバイルアプリケーションの作成方法に…
  2. はじめに 初夏の暑さを感じる季節になりました。早くも30℃超えを観測している所もありますね。そんな…
  3. みなさん、こんにちは! プライム・ストラテジーでコンサルタントをしております、穂苅 智哉 (ほ…

ログインステータス

You are not logged in.
Return Top