Ciscoコラム第4回テレビ会議を社内に定着させるには?

色々検討したうえ、それなりの投資が必要なテレビ会議。
いざ導入したけれど蓋を開けてみたら誰も使ってなかった!?
過去に導入した企業の共通の悩み事ではないでしょうか?経費削減、コミュニケーションの活性化等使えば使うほどいいことづくしのテレビ会議なので
社内のどんな人にも使って欲しいですよね。

そこで今回はテレビ会議を社内に定着させるためのポイントを考えてみました。

・一般的なテレビ会議の操作イメージってボタンがやたらついているリモコンで取っ付きにくい、
・そもそもかける先の番号がわからなくて会議の開始時間から30分ぐらい過ぎてた、
・使おうと思っても配線ぐちゃぐちゃで何かのケーブルが抜けてて結局使えなかった、

そんな経験ないですか?!
当たり前のようなことが、以外と出来ないのですよね。
私もITの会社でしばらく働いてますが実はそれほど機器の操作は得意ではないんです(*_*;
ですがこんな私でもCiscoのテレビ会議であれば誰かに頼まなくても私一人でバリバリ使えるようになりました!
今では通常の社内会議もそうですが、担当しているパートナー様、お客様との会議で大活躍中です。

秘訣はなんといってもiPhone, iPadのように直感的に使えるタッチパネルですね。
これだけで今までの使い方の悩みが全て解決しちゃってます!
あと、最近のシステムは一体型が多いのですが、配線が一切出て無くメンテナンスフリー。
見た目もキレイで石川含む女子社員の好感度も大幅UPしています!

最後にポイントのおさらいですが。

1,誰でもどんな人でも簡単に使えるものであること(タッチパネル – 直感的で簡単な操作)
2,電話と同じように簡単にどこでもかけられる(タッチパネル – 電話帳の整備)
3,いつでも使えるようにしておくこと(システムの常時稼働、一体型でメンテナンスの軽減)

使い勝手がとてもいいので、是非Ciscoのテレビ会議の活用をお願いいたします。

cisco20150401
cisco20150402
cisco20150403
cisco20150404

Related post

更新情報

最新コラム

  1. こんにちは。吉政創成の吉政でございます。今日は「コミュニケーション効率の向上で業績が好転するのはなぜ…
  2. こんにちは。吉政創成の吉政でございます。第十回:「一万円前半で買えるCisco無線LANアクセスポイ…
  3. こんにちは。吉政創成の吉政でございます。今日は「お金をかけずに直帰率を改善する方法」という内容で書き…

ログインステータス

You are not logged in.
Return Top