GIGAPODコラム第2回企業向けオンラインストレージの求められる要件

こんにちは、トライポッドワークスの片岡です。

第2 回になるコラムでは、企業において求められるオンラインストレージの要件をかんたんに紹介したいと思います。現代では、多くのベンダーが企業向けのオンラインストレージを提供しています。

まず、企業におけるファイル転送・共有の課題をまとめてみたいと思います。

メールに添付できないサイズのファイルを送る場合
USBメモリ・CDROMなど記録メディア利用の廃止
無料ファイル転送・オンラインストレージサービスの統制

メールで添付ファイルを送信する方法は、メールを常用している現代のビジネスコミュニケーションでは非常に手軽な方法です。しかし、プロバイダーや社内外のメールサーバーでメールサイズを制限されていて送れない場合もあります。

USB メモリなどに至っては、紛失や盗難による情報流出の原因として挙げられるため、リスク管理上は企業内の乱用を防ぎたい経路だと思います。無料ファイル転 送・オンラインストレージも数多く存在しておりますが、内部統制ができないこれらのサービスを利用されると企業の重要データは危機に晒されます。

企業向けにベンダーが提供するオンラインストレージにも特色があり、堅牢性に特化したもの、文書管理に特化したもの、ファイル転送だけができるシンプルなものまで色々です。

企業向けのファイル転送・オンラインストレージサービスの基本機能は、下記のようなものです。

1.ファイル転送機能(リンク機能)…. ファイルやフォルダのURLを生成する機能
2.リンクのセキュリティ …. 生成したリンクにパスワードや有効期限、ダウンロード回数を設定する機能
3. 共有フォルダ …. サービスユーザー間でドキュメントを共有する機能

これらは、企業がファイル転送を行うにあたり必要な機能として必ず実装されています。その他、バージョン管理やコメント機能などは、各社ベンダーが提供する製品・サービスによって差異があります。

次 に提供される製品・サービスのラインナップは、どうでしょうか。オンラインストレージは、一般的にクラウドサービスで提供されると思われがちですが、社内 に設置する<オンプレミス>とサービスで提供される<クラウド>に大きく分けて提供されています。(サービスでしか提供されていないベンダーもありま す。)

1.アプライアンス(オンプレミス)…. ハードウエアとソフトウエアが一体化した専用機器
2.ソフトウエア(オンプレミス/サービス)…. 任意のサーバー機器にインストールするタイプ
3.クラウドサービス …. サービス契約して利用するタイプ

オンプレミスは、企業内に導入するため、オンラインストレージにアップロードされたデータは、企業内に設置したハードウエアに保管されます。(原則的には、データの所有権も導入した企業のものです。)

ク ラウドサービスの場合は、データセンターやサービス事業者のインフラで管理されることになり、データは、それらが設置されているハードウエアに保管される ことになります。この場合、データ所有権は利用規約により大きく異なります。また、大きな違いとして、クラウドサービスは、サービスプランにより提供され る機能が異なるため、選ぶプランによっては、使えない機能もあります。(すべてを提供するサービス事業者もあります。)

上述の機能やラインナップを視野に安全なファイル転送の手段として企業内にオンラインストレージを採用してはいかがでしょうか?

ト ライポッドワークスとディーアイエスソリューションが提供する「GIGAPOD on SaaS」は、企業のために最適化されたセキュアな企業用オンラインストレージです。ファイルリンク機能、セキュリティ、共有フォルダ、ゲストフォルダま でビジネスに必須の機能を提供しており、セキュリティも万全のサービスを候補にしていただければと思います。

「GIGAPOD on SaaS」無料トライアル
https://www.si-jirei.jp/onlinestorage/

gigapod

Related post

更新情報

最新コラム

  1. はじめに 今年のゴールでウィークは最大9連休とのことで海外旅行に行かれる方も多くいらっしゃると思い…
  2. ディーアイエスソリューションでクラウドビジネスを担当しております三島と申します。「Office365…
  3. 「みなさんは普段の買い物は実際の店舗に行って購入されますか?」 いきなり質問から入りましたが、…

ログインステータス

You are not logged in.
Return Top