CUCMコラム第1回ユニファイドコミュニケーションという考え方

初 めまして。月間総務オンラインでオンラインストレージのコラムも連載している吉政でございます。最近、総務部門の方々にとってPBX(構内交換機)に置き 換わる新しいITソリューション「ユニファイド・コミュニケーション・ソリューション」が話題に上がるようになってきました。そこで、総務部門の方に分か り易いよう、極力IT用語を使用せずに「ユニファイドコミュニケーション」を解説したく、本コラムを執筆することにいたしました。

コラム第一回は「ユニファイドコミュニケーションという考え方」というテーマで概要を説明いたします。

ユニファイドコミュニケーションとは

冒 頭でPBXがユニファイドコミュニケーション・ソリューションに置き換わっていくと言いました。そもそもPBXとは何かを説明します。PBXは電話を処理 するために会社の中に設置される電話交換機です。一方で最近のコミュニケーション方法は電話だけではなく、電子メールにチャットにビデオ会議(TV会議) など多岐にわたってきています。

チャットは企業によっては使用を禁止しているところも多いと思いますが、ここで述べるチャットはプライ ベートで使っているものとは違い、同じシステムの仕組みを企業内で使用するシステムを指しています。チャットは日本を代表する大手企業からベンチャー企業 でも、その利便性から社員用のシステムを採用され始めています。チャットは移動中や会議中でも短い文章でコミュニケーションができるため、業務効率が向上 します。まだ検討していない方は、社内向けのシステムとして検討してもよいかもしれません。

さて、本題に戻りますが、コミュニケーション手法は多岐にわたっています。電話は1対1で音声でコミュニケーションしていますが、電子メールにチャットにビデオ会議(TV会議)はN対Nでコミュニケーションができるため、業務効率は飛躍的に向上します。

し かし、これらのシステムを個別に構築していくと構築費用もメンテナンス費用も非常に高価になるため、投資対効果が悪くなってしまいます。そこで、登場した のが「ユニファイドコミュニケーション・ソリューション」という考え方です。「ユニファイド」は「統合された」という意味ですので、電話や電子メールに チャットにビデオ会議(TV会議)を1台で管理するシステムということになります。これによるメリットは以下の通りです。

1.    統合された1システムで済むので安価になります
2.    1システムで処理をするので、それぞれのコミュニケーションが連携します。(便利になります)

PBX の買い替えを考えている方は、「ユニファイドコミュニケーション・ソリューション」も是非ご検討ください。せっかく買い替えるのでしたら最新の技術を用い た高機能なほうが良いと思うのです。全ての機能を使わなければいけないという事もないですので、使える機能から順次利用していけばよいと思います。「ユニ ファイドコミュニケーション・ソリューション」で有名なのはシスコ社の「CUCM(Cisco Unified Call Manager)」です。興味がある方は是非一度話を聞いてみてもよいと思います。

長くなりましたが、第一回目はいかがでしたでしょか? 「ユニファイドコミュニケーション」の考え方をご理解いただけると嬉しいです。最後に4月26日に月間総務オンラインの協力を得て国内初のユニファイドコ ミュニケーションやモビリティ・ユニファイドアクセス・ソリューションのセミナーを行います。もし、お時間が合いましたら、以下をご覧の上、是非ご参加く ださい。それでは次回もお楽しみに。

セミナー詳細は:https://www.si-jirei.jp/Cisco/CUCM_seminar/

Related post

更新情報

最新コラム

  1. こんにちは。吉政創成の吉政でございます。今日は「コミュニケーション効率の向上で業績が好転するのはなぜ…
  2. こんにちは。吉政創成の吉政でございます。第十回:「一万円前半で買えるCisco無線LANアクセスポイ…
  3. こんにちは。吉政創成の吉政でございます。今日は「お金をかけずに直帰率を改善する方法」という内容で書き…

ログインステータス

You are not logged in.
Return Top