CUCMコラム第4回【検討項目一覧公開】移転の時だからこそ低コストでできるIT強化策

コラムの第4回は「【検討項目一覧公開】移転の時だからこそ低コストでできるIT強化策」についてお話しします。移転でなくてもIT強化はもちろんできるのですが、移転の時のほうが手間もかからず、低コストでできるのはご存知でしょうか?

移 転でない時に、IT関係を強化する場合は、休日に行ったり、机などをどけてみたりと、交換する手間がかかります。その点移転の場合は、移転先で社員が稼働 する前に行うので、工事も楽ですし、普通に平日にできます。さらに、移設の作業と合わせて委託するので、お安くなりやすいというメリットもあります。

そういうこともあり、実は、多くのお客様は、移転を機に、セキュリティの向上・コスト削減・業務効率向上を目的に、インフラの見直しをされることが多いのです。

どのような強化をされるかといいますと、たとえば一例ですが

○セキュリティが担保されたネットワーク構築における業務の効率化
・スイッチを部分的に冗長化することによりシステムを全停止させない
・部署毎のセグメント化によるアクセスできるネットワークの制限
・無線LANの導入およびアクセスポイントのステルス化

○サーバ・クライアント環境の見直し
・サーバの仮想化によるコスト削減
・データセンターへの移設、プライベートクラウド化
・XPサポート終了に伴う、端末のシンクライアント化

○社員間、拠点間のコミュニケーションを向上
・フリーアドレス化、ワーク・ライフバランスをとれる為の環境
・国内・海外拠点を含め、電話や電子メール、ビデオ会議などを統合
(ユニファイドコミュニケーション)

等が検討項目として挙がることが多いです。今回の命題でもありますが、移転のチャンスの時に何ができるのかをマトリックスでまとめてみました。是非移転のチャンスの時にIT強化、さらなるコスト削減を実現してください。

cucm08_hyo

ちなみに、上記の作業は私が顧問契約をしているディーアイエスソリューションソリューションでももちろん請け負っています。そのご縁もありますので、上記ソリューションの事例集をご紹介します。実際に上記を実現した際にどの程度、効果があるのかをご参考ください。

※事例集のページへ
https://www.si-jirei.jp/success/

Related post

更新情報

最新コラム

  1. 先日、MicrosoftウェビナーにてPowerAppsを使ったモバイルアプリケーションの作成方法に…
  2. はじめに 初夏の暑さを感じる季節になりました。早くも30℃超えを観測している所もありますね。そんな…
  3. みなさん、こんにちは! プライム・ストラテジーでコンサルタントをしております、穂苅 智哉 (ほ…

ログインステータス

You are not logged in.
Return Top