Cisco無線LANコラム第1回:無線LANが最近つながりにくくなったなぁと感じる場合の原因例

こんにちは。今日は表記の内容で書いてみたいと考えています。なお、ここに書かれている内容はあくまで例であり、無線LANがつながりにくくなったからと 言って、以下の内容が原因とは限りません。もしお困りのことがございましたら、お気軽にディーアイエスソリューションにお問い合わせください。弊社は以下 の事例にもある通り、無線LANの経験が豊富です。

※無線LAN事例
https://www.si-jirei.jp/success/

最近よくあることですが、無線LANを使用しているお客様で通信遅延や無線切断が起こることがあります。

無線の電波は目に見えないもので、様々な要因によって通信に影響をきたします。
例えば一つの要因として、Pocket Wifiやテザリング等のWifiがオフィス内で乱立することによって発生する、電波干渉があります。

Pocket Wifiやデザリング等のWifiはスマートフォンやタブレットの普及により、多くオフィス内に持ち込まれるようになりました。これらは社員の私物である 場合があり、悪気なく普通にオフィス内へと持ち込まれます。会社の規則として、それらの私物を「持ち込み禁止!」としたいところですが、なかなか難しいと ころです。

上記、電波干渉以外にも、通信遅延や突然の無線切断など、安定した無線LAN利用を妨げる要因は複数存在します。

そこで、様々な要因がある中で、安定した無線LANを利用できるように弊社が対策として良く提案する内容を簡単にご紹介いたします。

1)高速無線LAN規格「802.11n」や「802.11ac」に対応した無線アクセスポイントにリプレイスする。 
※802.11nでは最大450Mbps、802.11acでは最大1.3Gbps
※複数のアンテナを内蔵(4×3や4×4)した無線アクセスポイントで3ストリームの対応を実現

2)サイトサーベイによる電波環境の調査を実施。
※AP設置環境の設計、外来波など通信に影響を与える電波を可視化し、無線環境の改善を実現

3)Cisco集中管理型の独自機能を用いて無線デバイスの通信パフォーマンスを向上する。

※Client Link3.0にて、旧規格(802.11a/g)端末やスマートデバイスのパフォーマンスを向上
※Band Select機能にて、利用可能Channel数が多く、比較的電波干渉の起こりにくい5GHz帯を利用させる

いかがでしょうか?そのほかにも最新の無線LANソリューションなどをディーアイエスソリューションのSI事例サイトでは多く公開しています。興味がある方は以下をご覧ください。

Cisco無線LANソリューション
https://www.si-jirei.jp/Cisco/wireless/

無線LANを中心としたCiscoソリューション事例集
https://www.si-jirei.jp/success/

Related post

更新情報

最新コラム

  1. はじめに 今月発生しました台風21号、北海道胆振東部地震により被害にあわれました方に心よりお見舞い…
  2. こんにちは。吉政創成の吉政でございます。今日は「広告に頼るWebサイト集客はやはり厳しい件。コンテン…
  3. 1.はじめに みなさん、こんにちは!プライム・ストラテジーでコンサルタントをしております、穂苅 智…

ログインステータス

You are not logged in.
Return Top